«  2021年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« ミニマルインターベーションについて | メイン | 義歯のお手入れ方法について »

2021年7月14日

被せ物の治療の中に「ブリッジ」と呼ばれる被せ物があります。このブリッジは、基本的に歯を失った部分を補うために、両サイドの歯を橋渡しにして失った歯の部分を補う被せ物になります。そのため、歯1本分の被せ物と違い、通常は3本以上続いているタイプの被せ物が一般的です。

ブリッジの大きなメリットとして、義歯とは違い一度接着剤で装着すれば取り外す必要がなく、ご自身の歯のような感覚で使うことができるところにあります。

ブリッジ治療は保険適応ということもあり一般的に、よく使われている治療方法ですが、いくつかデメリットもありますので理解しておきましょう。

<ブリッジ治療のデメリット>

・健康な歯を削らないといけない
・両サイドの健康な歯の寿命が短くなる
・適切なケアをしないと汚れが溜まりやすい
・支えになる歯が健康でないとブリッジが作れない

ブリッジは、歯を失った部分の両サイドの歯を大幅に削る必要があるために負担の大きい治療方法でもあります。また、ブリッジは全て繋がっている歯になるので、フロス(糸ようじ)が通せなくなるため、歯間ブラシやスーパーフロスなどで、適切なケアが必要になります。

どうしても健康な歯を削りたくないという方も増えてきていますので、その場合にはインプラントを提案させていただきております。

歯を失ってしまった、治療方法に困っているという方はお気軽にご相談ください。

http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/882

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。