«  2021年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« インビザラインのアタッチメントについて | メイン | 歯の根っこの治療「根管治療」について »

2021年6月16日

インビザライン矯正は透明なマウスピースと一緒に、さまざまな処置をすることで歯を綺麗に並べていきます。

前回は、歯の表面につけるレジンの突起の「アタッチメント」についてお話ししていきました。今回は、「顎間ゴム(がっかんごむ)」についてお話ししていきます。

顎間ゴムは、通称「ゴムかけ」とも呼ばれ、上顎の矯正装置と下顎の矯正装置(インビザラインの場合はマウスピースに)にまたがって治療用のゴムをかける処置のことです。

このゴムの引っ張りあう力を利用して顎のズレを正しい位置へ戻して、正しい噛み合わせへと導いていきます。そのため、歯がある程度整い噛み合わせを整える矯正治療の後半から行うことがほとんどです。

この顎間ゴムは、ゴムをかける作業は、患者さん自身で行っていただく必要があるのが特徴です。

慣れるまではなかなか大変だと思いますが、ゴムの掛け方などいつでも相談に乗りますので、歯科医院で聞いてくださいね。

そしてこのゴムかけは目安として1日20時間以上、基本的に食事と歯磨きの時間以外は着用する必要があります。

ゴムかけをしている間は口が開けにくかったり、喋りにくかったりするのでストレスに感じるかもしれませんが、綺麗になった歯をイメージして頑張っていきましょう!

http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/878

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。