«  2021年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2021年3月31日

透明なマウスピースを使い取り外しが可能なインビザライン矯正は、若い方を中心に人気のある矯正方法です。

歯科矯正中は矯正器具のせいで虫歯になりやすいと言われていますが、インビザライン矯正はどうなの?といった質問をよくいただきます。

結論から言うと「ワイヤー矯正よりは虫歯が出来にくいが注意が必要」です。

その理由としては、普段何も付けていないお口の中は唾液が食べかすなどの汚れを洗い流してくれているために虫歯になりにくいです。また、唾液には歯の再石灰化を促す作用もあるので虫歯予防には欠かせない存在であります。

しかし、インビザライン矯正中はマウスピースをすしているために口の中が乾燥しやすくなり、特にマウスピースの中には唾液の成分が行き渡らないので食べかすやプラークがついていると虫歯の原因になってしまいます。

なので、インビザライン矯正中はいつもよりも念入りに歯磨きをするようにしてくださいね!

また、インビザライン中は虫歯の治療にも注意が必要です。虫歯ができてしまい治療することになると、歯の形が変わってしまうのでインビザラインのマウスピースがはめられないことも。

そんなことにならないためにも、普段から虫歯予防には力を入れるようにしましょう。

http://www.asai-dc.net/

2021年3月24日

前回は歯を失う原因の1位でもある歯周病の原因についてお話ししていきました。今回は歯周病の治療についてお話ししていきます。

歯周病には、段階があり軽度から中度、そして重度になります。

軽度の状態は、まだ骨にダメージが出ていなく歯肉が炎症を起こしている「歯肉炎」の状態です。この状態であれば、お家でしっかりと歯磨きをしていただくことで正常な状態に改善していきます。

歯磨きをすると多少の出血があるかと思いますが、出血があるからと言って軽くした歯磨きをしないのは禁物です。

この出血は歯周病菌が悪さをしているために起こるものなので、しっかりと出して歯磨きをしていきましょう。歯と歯茎の境目のポケット(歯周ポケット)に入る先の細い歯ブラシがおすすめです。

そして、中度以上の場合は歯を支えている骨の吸収が始まってきている状態です。歯周ポケットの中にも歯石やプラークが入り込んでいる状態で、自分のお掃除だけでは改善することが出来ません。

歯科医院にて専門的なクリーニングを受ける必要があります。このクリーニングも1回で終わることは少なく、何回かに分けて歯周ポケットの深い部分のクリーニングを行っていきます。

重度の場合は、歯を支える骨の吸収が進んでいるので歯がグラグラしていることがあるため、歯を固定しながらクリーニングを行っていくなど対処していきます。

歯周病はすぐに改善する病気ではありません。日々のお家でのホームケアと、歯科医院での専門的な処置が必要になります。

努力が必要になりますが、歯を守るためにもしっかりと治療をしていきましょうね!

http://www.asai-dc.net/

2021年3月17日

歯を失う原因の第一位でもある「歯周病」ですが、歯周病について詳しく知っている方は少ないと思います。歯医者は虫歯を治すところ!とイメージされる方が多いように、歯周病についてあまり意識されることはないですよね?

実は歯周病は虫歯よりも症状がなく進行していくため、気づいた時には手遅れが歯が抜けてしまうなんてことも少なくありません。

では歯周病は何が原因で起きてしまうのでしょうか?

歯周病は、虫歯と同じようにお口の中にいる歯周病菌(細菌)に感染することによって、進行していきます。そして、お口の中がしっかりと清掃されていないことで歯垢(プラーク)が溜まることで、歯周病菌はそのプラークを温床に数を増やしていきます。

進行すると毒素を放ち歯茎に炎症を起こしていき、最終的には歯を支えている骨を溶かしていきます。

歯周病菌を増やさないためにも、お口の中のプラークをなくすこと、つまり歯磨きが歯周病をなくすための方法です。もちろん細菌の数の多さによっても、進行具合は変わってきますが細菌の温床を作らないためにもしっかりと正しい歯磨きを行うようにしましょう。

当院では、歯磨き指導などもさせていただいております。歯科検診に来た際には、歯磨きの方法なども詳しくお話ししていますのでお気軽にご相談くださいね!

http://www.asai-dc.net/

2021年3月10日

皆さんは「Eライン」という言葉を聞いたことがありますか?

Eラインとは、横顔の鼻先と下アゴの先端を直線で結んだラインのことです。 正式にはエステティックラインと言います。 この線上や内側に唇が位置していると横顔が美しいとされる美の基準のひとつです。

自分で確認してみたい方は、横顔の写真を撮ってもらい鼻先と下顎の先を線でつないでみましょう。日本人は欧米人に比べて鼻が低いため、なかなかキレイなEラインを作ることは難しいとされていますが矯正歯科では、このEラインに近くなるように治療を進めていきます。

歯並びはEラインに大きく影響を与えています、もし上顎が前に出てしまっている場合は上唇が大きくEラインより外にはみ出してしまいます。受け口(反対咬合)の場合は下唇がラインからはみ出し美しさのバランスを崩してしまうのです。

歯並びをキレイにすることはもちろんですが、矯正治療ではキレイな横顔や顔立ちを作るためにも重要な治療です。実際に矯正治療を行ったことで、歯並びだけではなく顔立ちが変わった!と感じる人が多くいます。それはEラインに近づくことで、より美しい顔立ちへと変化したからでしょう。

矯正治療をしようか悩んでいる方は、まずはお気軽にご相談ください。

http://www.asai-dc.net/

2021年3月 3日

お子様の矯正方法は大人と違い、まだ歯が動きやすく並んでいる最中になります。そのため、歯がキレイに並べるにように導いてあげる矯正方法がいくつかあります。

<T4K>
T4K"は「TRAINER FOR KIDZ」の頭文字をとったもので、T4Kの装置を使って口腔筋のトレーニングをするためのマウスピース治療になります。

学校から帰って就寝するまでの間の1時間以上を目安としてT4Kを装着してトレーニングすることで、変なクセがついてしまった舌の位置、口呼吸、舌の突き出しなどの悪癖を直すことで、正常な歯列の発達を促します。

通常、T4Kは永久歯が生えてくる子供の成長段階に装着することで歯並びがよくなっていきます。

<ムーシールド>
ムーシールドは、子供の受け口(反対咬合)を治療するためのマウスピース治療になります。受け口の方は舌の位置が低く、下顎を前に押し出すように筋肉の圧力が動いてしまうため下の歯が前に出てしまったり、顎がしゃくれてしまう原因になります。

寝ている間に専用のマウスピースを装着することで、歯の位置を上げ、お口周りの筋肉を正常化することで上顎の成長を促し、下顎の成長を抑えていきます。

当院ではお子様のお口の状態によって適切な方法をご提案させていただきますので、お子様の歯並びについてお悩みがある方はお気軽にご相談ください。

http://www.asai-dc.net/

« 2021年2月 | メイン | 2021年4月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。