«  2020年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 大人になって矯正する人が増えています | メイン | 矯正治療をするメリットやデメリット »

2020年9月 2日

・叢生(そうせい)/ でこぼこ・八重歯
顎に対して歯が大きく、上手く並びきれないために起こる歯並びです。日本で一時期流行った「八重歯」もこの歯並びに入ります。歯がデコボコした状態だと歯ブラシが上手く出来ずに虫歯や歯周病になりやすいため、矯正治療がおすすめです。

・上顎前突 (じょうがくぜんとつ)
いわゆる「出っ歯」と言われる歯並びです。上顎や上の前歯が以上に前に出ている状態です。この状態だと噛み合わせや見た目にも悪くなってしまうため矯正をおすすめしています。

・反対咬合 (はんたいこうごう)
一般的に「受け口」と呼ばれる状態で、下の顎や歯が上の歯よりも前に出てしまっている状態です。この状態だと噛み合わせや見た目にも悪くなってしまうため矯正をおすすめしています。

・上下顎前突 (じょうげがくぜんとつ)
上下の前歯、または上下の骨が出ている状態を上下顎前突といい、口全体が前に出ているように見えます。普段から口が開いてしまうので矯正治療をおすすめしています。

・開咬 (かいこう)
口を閉じても前歯に隙間が開いたままだったり、前歯が噛んでいない状態になります。多くの場合、サ行やラ行をうまく発音できない、食べ物をよく噛めないなどの症状を伴うため矯正治療をおすすめしています。

今回紹介した歯並びは一部です。他にも矯正治療をした方がいい歯並びがあります。自分で気になる方はお気軽に相談して下さい。

http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/836

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。