«  2020年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 虫歯の進度と治療 | メイン | かみ合わせが悪いことによる弊害 »

2020年2月19日

かみ合わせの良し悪しと口元審美性の良し悪しは、必ずしも一致するわけではありません。
審美性を高めることに注力するあまり、かみ合わせを悪くすることが少なくないのです。

かみ合わせはとても繊細なものですので、歯の高さやあたりがわずかにずれるだけで、あご全体のバランスがくずれます。
そんな状態で生活していると、毎日の食事で少しずつ歯やあごに負担がかかります。
その結果、歯が欠けてしまったり、歯を支えるあごの骨が溶けてしまったりすることもあるのです。

これらの症状は虫歯や歯周病のようにも見えるため、根本原因を見つけるのは簡単ではないかもしれません。

そのまま原因が分からなければ、最終的にはあごそのものがずれてしまい、そもそもの目的であった審美性が損なわれることでしょう。

それに加えて、肩や首のこり、背中の痛みなどの不快な症状まで発症してしまうこともありますので、患者様の生活に大きな支障をきたすことになってくるのです。

かみ合わせは、お口全体のバランスが生み出す芸術です。
見た目の美しさを整えるには、ますはそのバランスを整えてそれを崩さないように配慮した治療をしてくれる歯科医を選んでください。

当院では、審美歯科治療を行っております。ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/807

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。