«  2020年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 審美歯科治療の欠点 | メイン | インビザラインの痛み »

2019年11月27日

虫歯や歯周病は、口内に繁殖した細菌が原因です。そのため、もしお口の中にそれらの細菌がいなければ、虫歯や歯周病は発症しません。

そして、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、これらの原因菌は存在していません。

つまり、それらの原因菌は外部から侵入してきたわけで、虫歯や歯周病は、風邪などと同じ感染症なのです。

もちろん、その後の繁殖度合いは、歯並びや飲食物、日々の歯みがきなどの、遺伝的なものや生活習慣によって違ってきます。しかし、そもそも感染を防ぐのがもっとも効果的な虫歯予防と言えるのです。

虫歯や歯周病の感染経路は唾液です。そのため、箸やスプーンなどの共用、回し飲みをすることで感染してしまいます。

日本では、まだ多くのお母さんが、赤ちゃんに自分が使ったスプーンで食べさせたり、離乳食代わりに自分が噛み砕いた食べ物を与えたりしています。これらの行為で、母から子へ虫歯や歯周病の原因菌が感染していることが多いのです。

もし、「自分が虫歯で苦労したので、我が子にはそんな思いをして欲しくない」ということであれば、同じ食器の共用や口移しなどを避けなければなりません。

スキンシップは大事ですので、積極的にとるべきです。でも、お口の周りについては、細心の注意を払って、接触を避けることで、こどもが虫歯になりにくいお口を手に入れられる可能性が上がります。

もちろん、現在の環境では、細心の注意を払っても感染することはあります。その場合でも、日々の歯みがきや歯科定期検診などで、虫歯の発症しにくい環境は作れますので、ご安心ください。

ぜひ、歯科医に相談してみてください。

お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/795

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。