«  2020年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年7月 8日

今回はマウスピース矯正をしている時に注意してほしいことを紹介していきます。現在マウスピース矯正をしている方、矯正を考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

■決まった時間装着する
マウスピース矯正では、自分で装置を取り外すことができます。そのため、一度取り外したらついついそのままにしてしまいがちに...。特にマウスピース矯正の代表でもあるインビザラインは一日に22時間以上装着する必要があります。

もし長時間マウスピースを外してしまうと、歯が元の場所に戻ろうと移動してしまいマウスピースが入らない!なんてことになってしまいます

■マウスピースの取り換え期間を守る
一つのマウスピースは10日から2週間ほど使用したら新しいマウスピースに変えていきます。早くに変えてしまったり、長い間同じマウスピースを使ってしまうと計画通りに矯正治療が進んで行かなくなってしまうので注意して下さい。

■色素が強い飲み物を飲むときは外す
マウスピースを付けたまま、コーヒーやワインなど色素が強いものを飲んでしまうとマウスピースに着色してしまう原因になります。黄ばんだマウスピースを付けると汚くみえてしまったりするので注意しましょう。

まとめ
今回はインビザライン治療中の時に注意してほしい点をいくつか紹介しました。詳しい内容が聞きたい場合には気軽に相談して下さい。

http://www.asai-dc.net/

2020年7月 1日

前回はインビザラインがどんな矯正方法か紹介しましたが、今回はインビザラインのいいところについてご紹介していきます。

■歯の動きが確認できる
インビザラインの治療を始めるにあたってコンピューター上で治療計画や3Dでの趣味レーションを行います。治療が始まってどんな風に歯が動いていくのか確認することができるのでイメージしやすくモチベーションもあがるでしょう。

■通院の回数が少ない
ワイヤー矯正では、通常2~4週間に一度の通院が必要ですが、インビザラインでは2~3ヶ月の通院で済むのも大きなメリットです。その理由は自宅で自身でマウスピースの交換を行っていくので、病院に行く必要がないためです。

忙しくて頻繁な通院が難しい社会人の方にもおすすめです。

■痛みが少ない
ワイヤー矯正では、通院時にワイヤーを強い力で締めるため歯が動く時に強い痛みをともなうことがあります。しかし、インビザラインでは0.2~0.3mmの細かい範囲で歯を動かしていくため、痛みが少ないと言われています。実際に通院されている方も痛みをほとんど感じないといった方が多いです。

■金属アレルギーの心配がない
インビザラインでは一切金属を使っていません。そのため金属アレルギーがあるかたでもまったく問題なく矯正治療が進めていけます。


まとめ
このようにインビザラインにはメリットが多くあります。ここではお話していないメリットもまだありますので、マウスピース矯正が気になる方はぜひ気軽に相談して下さい。

http://www.asai-dc.net/

« 2020年6月 | メイン

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。