«  2020年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 矯正治療をしたほうがいい5つの理由 | メイン | 口腔筋機能療法(MFT)とは »

2020年5月20日

歯並びを悪くしてしまう原因の中に舌や口を使った癖(口腔習癖「こうくうしゅうへき」)があります。この癖が自分で直していかないと、噛み合わせの不正やデコボコの歯並びを作ってしまうことになります。

今回は口腔習癖にはどんなものがあるのか、ご紹介していきます。

・子供の頃にタオルや指をしゃぶる
・舌を歯の間から突き出す
・舌を口の中で吸う
・前歯を舌で押す
・爪を噛む
・下唇を強く噛む
・頬杖をする


以上のようなクセが口腔習癖になります。当てはまる人は歯並びが悪くなってしまう原因になりますので、早めに辞めるクセをつけましょう。

歯は口の中で、舌や唇、頬から圧力をうけてバランスを保っています。しかし口腔習癖があることによって、そのバランスが崩れてしまうために歯が傾いてしまいます。

一度崩れてしまった歯並びは元に戻ることはほとんどありません。歯並びが崩れてしまうと、見た目が悪くなるだけではなく、噛み合わせが悪くなってしまい顎関節症などにもつながってしまいます。

健康な口をキープするためにも、口腔習癖がある方は早めに改善する努力をしましょう。次のブログでは口腔習癖を改善する、口腔筋機能療法についてご紹介していきます。

http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/820

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。