«  2020年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 保定装置(リテーナー)の種類 | メイン | 矯正治療を受ける時の注意点 »

2020年4月29日

矯正治療後、キレイに歯並びが整い満足していたら歯が後戻りを起こしてしまった!なんて方も少なくありません。美しく並んだ歯並びをキープするためにも、矯正治療後に行う保定期間はとても重要です。

ではどうして、歯の後戻りが起こってしまうのでしょうか?

■「保定」が不十分
矯正治療により歯がキレイに並んでも、その後歯や噛み合わせが安定するには長い時間がかかります。治療後にしっかり保定期間を設けないことにより、歯は元の位置に戻ってしまいます。

■顎の骨がアンバランス
矯正治療後は、顎の骨がアンバランスな状態になります。そのため、歯列不正が再び起こってしまうことがあります。子供の頃に矯正治療をしたり、遺伝的なものが理由になります。

■矯正治療期間が不十分
矯正治療により、歯を動かすペースは1ヶ月に1mmほど。そのため歯がキレイにならび噛み合わせにも問題がないまでになるためには長期間かかってしまうのが矯正治療です。早く装置を外したいからと、計画よりも早めに終わらせてしまっては治療後に歯の後戻りや噛み合わせの不具合を起こしやすくなります。

■口や舌のクセ
舌を動かすクセや、歯ぎしりなで歯に力がかかることにより、歯が動いてしまうことがあります。早めにクセを辞めるようにトレーニングを行う必要があります。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/817

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。