«  2020年3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯周病の原因 | メイン | 審美歯科のイメージ »

2020年3月11日

インプラント治療をした人は、歯周病に気を付けなければいけません。

人工の歯なので虫歯になることはありませんが、歯周病については自然の歯よりもリスクが高いのです。

自然の歯は、シャービー繊維という繊維によって歯茎と密着しています。そのため、歯と歯茎の隙間の歯周ポケットが浅く、歯周病になりにくいのです。
インプラントの人工歯にはシャービー繊維はありませんので、歯と歯茎の隙間は密着しているわけではなありません。
歯茎がインプラントを包み公務用にしているだけです。
そのため、歯茎との境目に歯垢がたまると歯周ポケットが深くなりやすく、インプラント歯周炎と呼ばれる歯周病へと進行してしまいやすいのです。

つまり、インプラント治療をした人は、歯と歯茎の隙間の歯垢を除去するように意識した歯みがきをしなければいけません。
また、みがき残しはどうしてもできてしまうものですので、治療後の定期検診を必ず行い、クリーニングもしてもらうようにしましょう。

もちろん、他の健康な歯についても、虫歯や歯周病から守るためのケアを怠ってはいけません。
他の歯に歯周病がある人がインプラント歯周炎になるリスクは高くなっていますので、甘く見ないようにしてください。

なお、インプラント治療を行った歯科医では、必ず治療後のメンテナンス期間を設けています。
その期間にしっかりとメンテナンスを行い、歯みがき指導も受ければそれほど怖がる必要はありません。

当院では、一般歯科治療の他、インプラント治療も行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/810

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。