«  2020年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

« 矯正治療の終了時期 | メイン | 虫歯の進度と治療 »

2020年2月 5日

常に口で呼吸してしまう人は、お口のメンテナンスを誰よりもしておかなければ、いろいろな問題で悩むことになります。

なぜなら、口を開けたままにしておくと、口の中が乾燥し、唾液の分泌が減ってしまうからです。

唾液は口内の殺菌、洗浄をする役割がありますので、それが減ってしまうことで、虫歯菌や歯周病菌が繁殖してしまいます。そうなれば、虫歯や歯周病が進行してしまうでしょう。

また、汚れも落ちませんので、口臭が酷くなりますし、汚れが歯に沈着してしまい、葉も黄色くなってしまうのです。

特にコーヒーや紅茶、ワインなどを飲む人で口呼吸の場合、本来は唾液で洗浄されるはずの色素が歯へ沈着しやすくなりますので、気をつけなければいけません。

ホワイトニングをしても、すぐに黄色くなってしまう人は、もしかしたら口呼吸なのかもしれません。

1度、自分の口が常に開いているようなことがないか、確認したほうが良いでしょう。

なお、口呼吸には、そのほかに風邪になりやすい、歯並びにずれが起きるなどの弊害があります。可能な限り直しておくほうが良いでしょう。

当院では、ホワイトニングや歯科矯正などを行っています。詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/805

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。