«  2020年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯周病と歯みがき | メイン | 矯正歯科選びのポイント »

2020年1月15日

歯医者さんに通うのが好きではない理由の中に「治療費」をあげる人もいます。
これは、他の病院に比べて歯科治療の保険適用内での治療と自由診療(保険適用外)の境目が曖昧なせいなのかもしれません。

そこで今回は、歯医者さんでできる保険適用内治療を紹介しましょう。

・歯を削る、神経の除去
細菌に冒された歯の表面を削ったり、虫歯や歯周病がひどくなって炎症を起こしている神経を除去したりといった、一般的な虫歯治療です。
ただし特殊な器具や装置を使う場合は、一部自由診療になる場合があります。

・詰め物、被せもの
虫歯治療で削った後、歯の機能を正常な状態に戻すために削り跡を埋める詰め物や被せものをします。
樹脂や金属製のものであれば保険適用内ですが、セラミックや金などの機能性の高い素材を使う場合は自由診療になります。

・抜歯
虫歯治療の一貫として行われる抜歯は、保険適用内で行われます。
審美的な歯科矯正で行われる抜歯は保険適用外になりますので、注意が必要です。

・入れ歯、ブリッジ
失った歯の代わりにつくる入れ歯やブリッジも、基本的には保険適用内です。
ただし、高機能な素材を使っているものや技術的な水準の高いものなどは自由診療になることがほとんどです。

・歯石の除去
虫歯や歯周病治療の一貫として行う歯石の除去については、保険適用内で治療できます。
ただ、虫歯や歯周病とは関係なく行うクリーニングは自由診療になることが多いです。


ここまでの説明通り、保険適用内でできる治療ではあるが、使用する素材や器具によって自由診療になる場合があります。
そのため、歯科治療は意図せず高額になることがあるのです。

ただし、自由診療になる場合は歯科医から十分な説明がされますので、費用面についても確認しておくようにしましょう。

お口の中の治療でご不明点がございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/802

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。