«  2020年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 根管治療と歯の寿命 | メイン | 歯周病と歯みがき »

2020年1月 1日

歯科矯正というと、永久歯が生え揃ってからの方が良いような気がしていないでしょうか?

確かに、子どものあごは成長中ですので、乳歯はそのうち抜けるだけですので、小さい頃に歯科矯正治療をするのはあまり意味がないと考えるかもしれません。

じつは、子どもの頃に歯科矯正治療をする方が良い場合が少なくないのです。その理由を説明しましょう。

まず、子どものあごは成長中ですので、その時に矯正することで、理想的な形へ導きやすいのです。

また、小さい子どもは特に、指しゃぶりや噛み締め、歯ぎしりなど、かみ合わせに良くないくせを持っていることが多いのです。

小さい頃から矯正治療を行うことで、少々強引にそういったくせをさせないようにできます。その結果、そのままであれば大きなゆがみを生むだろうくせを克服し、将来の苦労をなくすことができます。

もちろん、じつは先天的な病気をお持ちだった場合なども、歯科矯正の検査をきっかけに、それに気付くことができる可能性があるでしょう。

これらに加え、定期的に歯科医へ通うということが、お子様のお口にとても良い効果を及ぼします。それは、定期検診によるクリーニングと歯みがき指導です。

特に歯みがきは、矯正治療でとても重視しなければいけない点なので、正しい歯みがきをくせ付けすることができる良い機会になるかもしれません。


当院では、歯科矯正治療を行っております。
お口や歯のことでご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/800

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。