«  2020年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« マウスピース矯正は調整しない? | メイン | 子どもの歯科矯正治療について »

2019年12月25日

根管治療は、歯の根にまで細菌か感染した重度の虫歯や歯周病でも、歯を抜くことなく治すことができる治療です。

ただ、治療と言っても、神経を抜いてしまいますので、自分のはそのものよりは劣ってしまいます。

なぜなら、歯の神経を抜くときには、歯に栄養や酸素を送る器官も一緒に除去してしまうからです。そのため、歯には栄養や酸素が補給されることがなくなり、健康な歯よりも脆くなってしまうのです。

そのため、健康な歯よりも寿命が短くなってしまうのは仕方がないでしょう。

しかし、きちんと歯の根の洗浄を行い、ぴったりと蓋をして根管治療に成功した歯であれば、日々のオーラルコントロールを行うことで、一生使える可能性は十分にあります。

きちんとオーラルコントロールできなければ、そもそも治療した歯以外の歯も歯周病や虫歯に冒されますので、歯全体の寿命が短くなります。そんな状態で、根管治療をした歯が長く保つわけがないでしょう。

つまり、根管治療後の歯を長く使うためには、お口の健康そのものを保つことが重要なのです。

そのためには、根管治療後も歯みがきをきちんとすることと、定期的な歯科検診を欠かすことなく行うことをおすすめします。

もし、何か問題が発生しても、定期検診を行っていれば、異変に気付けますので、寿命を保つことができるのです。

当院では、根幹治療を行っております。
お口や歯のことでご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/799

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。