«  2019年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« なぜ矯正するのか? | メイン | 根管治療と歯の寿命 »

2019年12月18日

一般的なワイヤーを使ったブラケット矯正は、治療の進度によってワイヤーを調整する必要があるため、定期的な処置が必要になります。

しかし、マウスピース矯正では、複雑な調整処置がほぼ不要で、簡単な検診だけで終わることも少なくありません。

なぜなら、ブラケット矯正では、最初の歯並びから理想の歯並びになるまで、少しずつ動かした形のマウスピースを最初に作成しておき、2週間程度ごとに順にマウスピースを変更することで歯を動かすからです。

つまり、事前に調整したマウスピースに取り換えるかどうかを診断して、付け替える程度です。そのため、ブラケット矯正とは比べものにならないほど簡単な処置で終わることでしょう。

歯科矯正治療は時間のかかる治療ですので、定期的な検診は手間のかかるものです。それが、マウスピース矯正ではブラケット矯正に比べて短時間に行うことができますので、とても手軽です。

また、処置の内容も簡単なものですので、費用がかからないか少額になることがほとんどです。

これは、治療方針に従って、事前に調整したマウスピースを作るマウスピース矯正の大きなメリットと言えるでしょう。

当院では、マウスピース矯正治療を行っております。
お口や歯のことでご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/798

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。