«  2019年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年12月25日

根管治療は、歯の根にまで細菌か感染した重度の虫歯や歯周病でも、歯を抜くことなく治すことができる治療です。

ただ、治療と言っても、神経を抜いてしまいますので、自分のはそのものよりは劣ってしまいます。

なぜなら、歯の神経を抜くときには、歯に栄養や酸素を送る器官も一緒に除去してしまうからです。そのため、歯には栄養や酸素が補給されることがなくなり、健康な歯よりも脆くなってしまうのです。

そのため、健康な歯よりも寿命が短くなってしまうのは仕方がないでしょう。

しかし、きちんと歯の根の洗浄を行い、ぴったりと蓋をして根管治療に成功した歯であれば、日々のオーラルコントロールを行うことで、一生使える可能性は十分にあります。

きちんとオーラルコントロールできなければ、そもそも治療した歯以外の歯も歯周病や虫歯に冒されますので、歯全体の寿命が短くなります。そんな状態で、根管治療をした歯が長く保つわけがないでしょう。

つまり、根管治療後の歯を長く使うためには、お口の健康そのものを保つことが重要なのです。

そのためには、根管治療後も歯みがきをきちんとすることと、定期的な歯科検診を欠かすことなく行うことをおすすめします。

もし、何か問題が発生しても、定期検診を行っていれば、異変に気付けますので、寿命を保つことができるのです。

当院では、根幹治療を行っております。
お口や歯のことでご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年12月18日

一般的なワイヤーを使ったブラケット矯正は、治療の進度によってワイヤーを調整する必要があるため、定期的な処置が必要になります。

しかし、マウスピース矯正では、複雑な調整処置がほぼ不要で、簡単な検診だけで終わることも少なくありません。

なぜなら、ブラケット矯正では、最初の歯並びから理想の歯並びになるまで、少しずつ動かした形のマウスピースを最初に作成しておき、2週間程度ごとに順にマウスピースを変更することで歯を動かすからです。

つまり、事前に調整したマウスピースに取り換えるかどうかを診断して、付け替える程度です。そのため、ブラケット矯正とは比べものにならないほど簡単な処置で終わることでしょう。

歯科矯正治療は時間のかかる治療ですので、定期的な検診は手間のかかるものです。それが、マウスピース矯正ではブラケット矯正に比べて短時間に行うことができますので、とても手軽です。

また、処置の内容も簡単なものですので、費用がかからないか少額になることがほとんどです。

これは、治療方針に従って、事前に調整したマウスピースを作るマウスピース矯正の大きなメリットと言えるでしょう。

当院では、マウスピース矯正治療を行っております。
お口や歯のことでご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年12月11日

いろいろな方法を使って歯並びを治す歯科矯正治療は、時間とお金がかかる治療です。

しかし、そんな矯正治療を、なぜ、受けるのでしょうか?

それは、何より「口元が美しくなる」ことがもっとも大きな理由でしょう。長年の歯並びの悪さに慣れていて、そこまで意識していなかった患者様も、この点はもっとも驚いて喜ばれる点です。

出っ歯や受け口、歪んだあごなどは、相手にマイナスの印象を与えてしまうことが少なくありません。それが、歯科矯正するだけで、明るくすっきりとした印象を与えることができるのです。

また、ご本人も、人前で口を開けて笑えるようになり、性格から変わるという人も少なくありません。

もちろん、この見た目の効果はとても重要で、それだけで十分かもしれません。しかし、歯科医の立場からすると、次の2点もとても大きな理由です。

・歯のでこぼこがなくなり、みがき残しが減る
・かみ合わせが良くなり、あごや特定の歯への負担が減る

これらは、お口の健康を保つのにとても重要なポイントです。

一生自分の歯で食べるためには、お口のケア(オーラルケア)がとても重要です。歯並びの悪さは、オーラルケアを難しくする要因になってしまいます。

気になる方は、ぜひ歯科医へ相談してみてください。

当院では、歯科矯正治療を行っております。
お口や歯のことでご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年12月 4日

歯科矯正治療は、「傷みがしばらく続いて辛い」という話をする患者様もいます。

確かに、歯科矯正治療は、歯に圧力をかけて動かしますので、まったく痛まないわけではありません。

特に、ワイヤーの入った矯正装置を取り付けるブラケット矯正治療では、比較的強い力で長時間力をかけ続けますので、相当の痛みが続くことがあります。

もちろん、あまりにひどければ、歯科医師に相談すれば、調整するなどして痛みを和らげてくれますが、自分で調整できないため、すぐに痛みから解放されることができません。

その点、インビザラインのような「マウスピース型の矯正装置を使う歯科矯正治療」では、それほど強い力をかけることがありませんので、痛みも強くありません。

また、ひどければ、いつでも自分ではずすことができるという安心感は、ブラケット矯正にはない安心感でしょう。

もちろん、装着している時間が長いほど、早く矯正されますので、頻繁にはずすのはおすすめしません。しかし、痛みがひどく、歯科医へ相談しようと考えている人が、病院へ着くまではずしておくことができるのは、気持ちの上でとても楽なことではないでしょうか。

当院では、インビザライン治療を行っております。
お口や歯のことでご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

« 2019年11月 | メイン | 2020年1月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。