«  2019年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 歯みがきのタイミング | メイン | 歯周病の最終段階 »

2019年10月30日

一般歯科での虫歯治療では、主に患部(虫歯に犯された歯の表面)を削って詰めものをします。

この詰めものをするときに気を付けるのが、噛みあわせがずれないような「詰めものを作る」ということです。

詰めものは、削ったところをただ埋めるだけではなく、治療前と同じ噛みあわせになるように形を整えなければ、患者様の生活に支障が出てしまいます。

また、このとき、お口の中全体、あごも含めた全体のバランスを確認していく必要がある場合もあります。

噛みあわせのバランスはとても繊細ですので、治療した歯だけを見ていては、治療して噛みあわせを調整したせいで、他の部分に悪影響が出るかもしれません。

逆に、調整した結果、いままで隠れていた噛みあわせの悪さが見つかる可能性もあります。その場合、もちろん、歯科医が勝手に治療することはありませんが、なにか異常があったときは、必ずお伝えしますので、可能な限り治療することをおすすめします。

噛みあわせの治療は歯科矯正となるため、面倒に感じるかもしれませんが、噛みあわせを良くすることで、歯みがきがしやすく虫歯になりにくいお口を手に入れられます。長い目で見ると、その方が面倒がないかもしれません。

お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/791

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。