«  2019年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« クリーニングの頻度 | メイン | マウスピース矯正でのメンテナンス »

2019年9月18日

ホワイトニングは、薬剤を歯にしみこませて、色素を分解することで、歯を白くします。

そこで使う薬剤については、原則として、飲み込んでも害のないものを使っており、歯に痛みが出ることは稀です。

しかし、以下の条件に当てはまる人は、痛みが出る場合があります。

・歯ぎしりなどで歯がすり減っている人
・加齢などによって、歯の表面のエナメル質が薄くなっている人
・知覚過敏の人
・外傷などで歯にひびが入っている人
・虫歯や歯周病の人

最初の3つに該当する人は、ホワイトニングをいったん中止して、時間を空けることや、薬剤の濃度を下げることで対応することが可能です。また、ホワイトニングの処置の前後に、歯の再石灰化を促して知覚過敏を防ぐ歯みがき粉を使っていただくことで、痛みを和らげることも可能です。

歯にひびが入っている人や虫歯や歯周病の人の場合は、まずはそれらの治療を行うのが先決でしょう。そのままにして、見た目だけ良くしても歯の健康は取り戻せませんので、そのままホワイトニングを進めても、意味がありません。

歯科医から状況の報告や治療の相談があるかと思いますので、できるかぎり、治療をされるようお願いします。

当院では、審美歯科治療を行っております。
お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/785

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。