«  2019年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年9月25日

マウスピース矯正では、食事時にマウスピースを外して食事をすることができますので、自然に食事を楽しむことができます。

ただ、その後にマウスピースを装着し忘れてしまうと、矯正の効果がわるくなりますので、すぐに装着しなければいけません。

そのときに、必ずやっていただきたいことが、歯みがきとマウスピースのメンテナンスです。

食事のあとは、食べカスなどが歯の隙間に挟まっていますので、歯みがきをしてきれいにします。食事の直後は唾液の洗浄作用で口内はきれいになっていますが、食べカスはどこかにありますので、丁寧にみがきましょう。

このとき、歯みがきをせずにマウスピースを付けてしまうと、食べカスというエサに加えて、マウスピースが細菌を唾液から守ってしまうことになります。細菌にとって、これ以上ない良い環境を作り出してしまうことになるわけですから、歯みがきを忘れないようにしましょう。

次に、マウスピースを洗ってメンテナンスします。食事のたびに洗うのであれば、水洗いで十分です。装着前に流水で洗って装着すれば、すっきりするでしょう。

もし、気になる汚れがあれば、歯ブラシで軽く洗えば良いでしょう。(ただし、研磨剤がマウスピースを傷つけるため、歯磨き粉は使わないでください)

これらをきちんと行っておけば、いつも清潔に気持ちよく矯正治療を続けることができます。

逆に、これらを怠ってしまうと、口臭や虫歯などの原因になりますので、気を付けてください。

当院では、マウスピース矯正治療を行っております。
お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年9月18日

ホワイトニングは、薬剤を歯にしみこませて、色素を分解することで、歯を白くします。

そこで使う薬剤については、原則として、飲み込んでも害のないものを使っており、歯に痛みが出ることは稀です。

しかし、以下の条件に当てはまる人は、痛みが出る場合があります。

・歯ぎしりなどで歯がすり減っている人
・加齢などによって、歯の表面のエナメル質が薄くなっている人
・知覚過敏の人
・外傷などで歯にひびが入っている人
・虫歯や歯周病の人

最初の3つに該当する人は、ホワイトニングをいったん中止して、時間を空けることや、薬剤の濃度を下げることで対応することが可能です。また、ホワイトニングの処置の前後に、歯の再石灰化を促して知覚過敏を防ぐ歯みがき粉を使っていただくことで、痛みを和らげることも可能です。

歯にひびが入っている人や虫歯や歯周病の人の場合は、まずはそれらの治療を行うのが先決でしょう。そのままにして、見た目だけ良くしても歯の健康は取り戻せませんので、そのままホワイトニングを進めても、意味がありません。

歯科医から状況の報告や治療の相談があるかと思いますので、できるかぎり、治療をされるようお願いします。

当院では、審美歯科治療を行っております。
お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年9月11日

クリーニングは、歯科医で医師や歯科助手が専用の道具や薬剤を使ってお口の中をきれいにすることです。

普段の歯みがきでは届かない部分の歯垢や、歯みがきではとれない歯石を除去し、フッ素の塗布などを行って歯を守ります。

そんなクリーニングですが、どのくらいの頻度で行くのが良いか、分かる人はあまりいらっしゃらないかもしれません。

今回は、そんなクリーニングの頻度をお伝えします。

・虫歯や歯周病のない人は、年に2回から3回
歯の治療経験がほとんどなく、今も虫歯がない人は、4から5ヶ月に1回程度で良いでしょう。こういう人は歯みがきもうまいことが多いですが、どうしてもみがき残しはできてしまうので、年に2回ほどメンテナンスがてらにクリーニングをすることで、歯の寿命を延ばせます。

・何度か虫歯の治療をしている人は、年に4回程度
一般的には、ここに該当する人がほとんどです。
何度か歯科に通って歯を削ったり詰めものをしたりした人は、3ヶ月に1回程度が妥当です。このレベルの人は歯みがきにあまり自信がないことが多く、実際に軽い歯周病になっていることも少なくありません。

3ヶ月に1回程度、クリーニングと検診をすれば、軽度のうちに治療できますので、お口の健康をキープできるでしょう。

・重い歯周病の人、歯科医で治療を繰り返している人は年に12回
現在、重い歯周病になっている人や、虫歯や歯周病の治療を繰り返している人は、歯みがきがあまりうまくない可能性が高いです。

そういった人は、毎月プロにきれいにしてもらって、お口の中のメンテナンスをしっかりとしておきましょう。

お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年9月 4日

ホワイトニングは、薬剤を歯にしみこませて、色素を分解することで、歯を白くします。

そこで使う薬剤については、原則として、飲み込んでも害のないものを使っており、歯に痛みが出ることは稀です。

しかし、以下の条件に当てはまる人は、痛みが出る場合があります。

・歯ぎしりなどで歯がすり減っている人
・加齢などによって、歯の表面のエナメル質が薄くなっている人
・知覚過敏の人
・外傷などで歯にひびが入っている人
・虫歯や歯周病の人

最初の3つに該当する人は、ホワイトニングをいったん中止して、時間を空けることや、薬剤の濃度を下げることで対応することが可能です。また、ホワイトニングの処置の前後に、歯の再石灰化を促して知覚過敏を防ぐ歯みがき粉を使っていただくことで、痛みを和らげることも可能です。

歯にひびが入っている人や虫歯や歯周病の人の場合は、まずはそれらの治療を行うのが先決でしょう。そのままにして、見た目だけ良くしても歯の健康は取り戻せませんので、そのままホワイトニングを進めても、意味がありません。

歯科医から状況の報告や治療の相談があるかと思いますので、できるかぎり、治療をされるようお願いします。

当院では、審美歯科治療を行っております。
お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

« 2019年8月 | メイン | 2019年10月 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。