«  2019年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 口臭と舌 | メイン | インビザラインの欠点は? »

2019年8月14日

歯周病になった場合、審美歯科を標榜する歯科医へ相談する人は少ないかもしれません。

じつは、審美歯科治療を主に行っている歯科医だからこそ歯周病への意識が高い場合があるのです。

審美歯科というのは、歯の形や歯の色、歯並びなどを整えてお口の見た目を良くする治療だと思われがちです。しかし、審美治療では、歯そのものだけでなく、歯茎についてもとても重視しているのです。

なぜなら、どれだけ透明感のある美しい歯でも、歯茎が変色していたり下がっていたりすると、その美しさは逆効果になるからです。

日本人の成人の80%は、歯周病を患っていると言われています。

そのため、審美歯科では、健康な歯茎を取り戻す歯周病治療を行う機会がとても多いと言えるでしょう。その上、審美歯科で行う歯周病治療では、ただ治すだけではなく、本来の目的である「美しさ」を損なわないような治療が求められますので、より複雑な治療になることも多いのです。

例えば、歯周病は進行するに従って歯茎が下がり、歯が長く見えてきます。いくら歯周病治療をしても、この状態のままでは審美性を得ることはできません。そのため、審美歯科での歯周病治療では、この下がった歯茎を戻す治療も行わなければいけません。

もし、歯周病で悩まれているのであれば、審美歯科も選択の1つに加えていただければ、見た目も含めた健康的なお口を手に入れられるかもしれません。

当院では、審美歯科治療を行っております。
お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/780

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。