«  2019年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« ホワイトニングとクリーニング | メイン | クリーニングを行うのはなぜ? »

2019年7月17日

虫歯治療の基本は、虫歯の原因である細菌を駆除することです。

そのため、細菌に冒された歯の表面を削ります。しかし、それで終わりではなく、患者様が思っている以上に、歯科医が歯を削ることがあります。

それは、歯の噛み合わせや審美的な点を補うための「被せもの」をとりつけるのに、歯をもう少しだけ削って、クリアランスと呼ばれる隙間を作らなければいけないからです。

もちろん、歯を削る量は少ないに超したことはありません。

しかし、被せものの材質によって、強度を保持するための最低限必要な量があります。

そのため、一定以上のクリアランスがなければ、被せものがうまく適合せず、噛み合わせが悪くなったり、被せものが割れたりすることがあるのです。

しかし、クリアランスが適切であれば、被せものは驚くほどきちんと適合し、噛み合わせに違和感がないだけでなく、見た目にも治療の跡がほとんど分からないほどになることもあります。

つまり、歯科医が虫歯治療の最終段階で、様々な器具で確認しながらクリアランスを確保するのは、お口の機能的にも、審美的にも、とても重要な仕上げを行っているということなのです。

当院では、虫歯治療だけではなく、審美歯科治療も行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/776

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。