«  2019年6月 5日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年6月 5日

歯周病になると、歯茎から血が出る、口臭がひどくなる、歯が抜けるなどの症状について知っている人は多いでしょう。

しかし、改めて「歯周病の原因は何で、どう進行する病気なのか?」というのを知っている人はあまり多くないかもしれません。

そこで、今回は改めて、歯周病の原因と進行について説明します。

歯周病の原因は、ズバリ「歯周病菌」です。

つまり、歯周病は感染症なのです。そのため、感染しないようにするのが最善策と言えます。しかし、歯周病は、人類が生まれてからこれまでに、もっとも多くの感染者を出しているというギネス記録を持っているほどの病気ですので、感染しないようにするのは、至難の業と言えるでしょう。

そのため、感染症の進行の仕方を知ることで、歯周病の発症を抑えることが重要になってきます。

歯周病は、歯磨きの磨き残しなどに細菌が集まるところから始まります。ほとんどの場合、磨き残しは歯と歯茎の間などにありますので、そこに集まった細菌が歯垢となり、増殖し始めるときに作り出される毒素や酸によって、歯茎が炎症を起こします。

これが、歯周病の初期段階である歯肉炎です。

歯垢は口内のカルシウムなどを取り込んで固くなり、歯石を形作ります。歯石になってしまうと、歯磨きでは落とせなくなりますので、細菌はどんどん増え、歯と歯茎の隙間を広げていきます。そして、歯を支える歯槽骨に到達した細菌たちは、歯槽骨を溶かし始めるのです。

この歯周炎と呼ばれる段階になると、歯がグラグラとし始め、口臭も強くなってきますので、歯科医へ来院される方が多いです。

もし、このまま放置していると、歯槽骨への侵食はますます進行し、同時に歯の根のあたりには膿がたまってきます。それに、歯茎はブヨブヨになってすぐに出血するようになります。

そこまできてしまうと、歯を残すことが非常に困難になると言えます。

以上のようにして、歯周病は進行します。

重度の歯周病になると、歯を失うだけではなく、歯を支える骨も失いますので、最悪の場合はインプラントすらできない状態もあります。

お口の症状が気になる人は、初期の段階で見つけるためにも、歯科検診を受けることをおすすめします。

当院では、歯周病治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

« 2019年5月29日 | メイン | 2019年6月12日 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。