«  2019年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年6月26日

歯科矯正治療のイメージは、口を開くたびに見える、歯に取り付けた器具とワイヤーではないでしょうか。

今でこそ、ある程度認知されてきていますが、そのイメージは決して良いものではなく、そのために歯科矯正治療を拒む人も少なくありません。

そんな人たちのために生まれた歯科矯正治療の方法の1つが、インビザライン矯正です。

インビザライン矯正は、透明なマウスピース型の矯正器具を使って矯正治療を行うものです。透明なマウスピースですので、ほとんど目立つことがなく、かつ自由に取り外すことができるので、生活する上での不便さがほとんどありません。

また、インビザライン矯正の特徴は、矯正治療の進捗にあわせて、マウスピースを交換するという点です。

あらかじめ、歯をどのように動かしていくかをシミュレーションし、その結果に基づいて、少しずつ歯の位置がずれているマウスピースを作成するのです。そして、治療の進捗にあわせて、段階的にマウスピースを交換することで、無理な力をかけないため痛みが少なく、歯科医の想定通りの「理想のルート」で歯科矯正を進めることができます。

もちろん、あまり大きな矯正には対応できませんので、患者様によっては利用できない場合がありますが、目立たず、取り外しができ、傷みが少ない歯科矯正ですので、とても魅力的な治療法でしょう。

歯科矯正を検討している人は、ぜひインビザライン矯正を行っている歯科医へ相談してみてください。

当院では、インビザライン矯正治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年6月19日

審美歯科は、歯を白くしたり、歯並びを整えたりして、口元を美しくする歯科治療です。

そのため、「健康な歯を削って、セラミックをかぶせる」「健康な歯を抜いてインプラントにする」などと揶揄されることもあります。

もちろん、上記のようなことを行う歯科医師もゼロではありませんし、望む患者様もいますので、実際に行われたこともあるでしょう。

しかし、審美歯科治療の目的の多くは、事故や病気で失われた歯を取り戻したり、生まれつき欠けている歯を整形したりするなどして、患者様の健康的な生活を取り戻すために行われるのです。

また、同時に、審美歯科は審美的な点から、患者様の生活習慣を見直し、噛み合わせをずらすような癖の修正や、お口の健康を損なうような習慣をなくし、毎日の歯磨きなどの「お口のケア」を勧めているのです。

これは、予防歯科の観点であり、そもそも健康なお口でなければ審美的な治療もできないからです。

つまり、予防歯科治療が審美歯科治療の基礎であり、審美歯科治療は予防歯科治療の延長線上にあると言えるのです。

健康なお口を保つことこそ、もっとも効果的な審美歯科治療と言えるでしょう。


当院では、審美歯科治療や予防歯科治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年6月12日

歯周病を防ぐためには、口内環境を整えることが重要です。

そのために、しっかりとブラッシングしたり、甘いものを控えたりすることは、とても効果的です。

しかし、じつは、食べ物の中には、食べるだけで口内環境を整え、歯周病を防げるものがあるのです。

今回は、そんな「歯茎の健康に良い」と言われている食べ物を紹介しましょう。

・リンゴ
リンゴは「医者いらず」とも呼ばれる果物で、とても健康に良いとされています。実際に、その成分には健康効果もあるようですが、歯茎に効果的なのは、それだけではありません。

リンゴは適度に固く、しっかりと噛まなければ食べられません。この「噛む」という行為が、なによりもお口の健康に役立つのです。

・生姜
根生姜には、炎症を抑える効果がありますので、初期の歯周病には効果的です。また、治癒効果があるハーブですので、口内組織の再生も促してくれるでしょう。

・牛乳(乳製品)
牛乳にはカルシウムが含まれていますので、歯の再石灰化の役に立ちます。また、それだけではなく、牛乳をはじめとした乳製品には、口内の酸化を抑制する働きもありますので、積極的に摂るようにしましょう。

・玉ねぎ(生)
生の玉ねぎには、歯周病や虫歯の原因となる菌を殺してしまう効果があります。細菌がいなければ、歯周病になることはありませんので、とても有用です。


これらの食べ物を食事に取り入れるだけで、歯周病にならなくなるわけではありませんし、歯磨きを怠れば、これらの食べカスが原因で歯周病になることもあります。

しかし、積極的に摂取することで、他の食べ物に比べると、歯茎の健康に効果がありますので、お口の健康が気になる人にはおすすめです。

当院では、予防歯科治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年6月 5日

歯周病になると、歯茎から血が出る、口臭がひどくなる、歯が抜けるなどの症状について知っている人は多いでしょう。

しかし、改めて「歯周病の原因は何で、どう進行する病気なのか?」というのを知っている人はあまり多くないかもしれません。

そこで、今回は改めて、歯周病の原因と進行について説明します。

歯周病の原因は、ズバリ「歯周病菌」です。

つまり、歯周病は感染症なのです。そのため、感染しないようにするのが最善策と言えます。しかし、歯周病は、人類が生まれてからこれまでに、もっとも多くの感染者を出しているというギネス記録を持っているほどの病気ですので、感染しないようにするのは、至難の業と言えるでしょう。

そのため、感染症の進行の仕方を知ることで、歯周病の発症を抑えることが重要になってきます。

歯周病は、歯磨きの磨き残しなどに細菌が集まるところから始まります。ほとんどの場合、磨き残しは歯と歯茎の間などにありますので、そこに集まった細菌が歯垢となり、増殖し始めるときに作り出される毒素や酸によって、歯茎が炎症を起こします。

これが、歯周病の初期段階である歯肉炎です。

歯垢は口内のカルシウムなどを取り込んで固くなり、歯石を形作ります。歯石になってしまうと、歯磨きでは落とせなくなりますので、細菌はどんどん増え、歯と歯茎の隙間を広げていきます。そして、歯を支える歯槽骨に到達した細菌たちは、歯槽骨を溶かし始めるのです。

この歯周炎と呼ばれる段階になると、歯がグラグラとし始め、口臭も強くなってきますので、歯科医へ来院される方が多いです。

もし、このまま放置していると、歯槽骨への侵食はますます進行し、同時に歯の根のあたりには膿がたまってきます。それに、歯茎はブヨブヨになってすぐに出血するようになります。

そこまできてしまうと、歯を残すことが非常に困難になると言えます。

以上のようにして、歯周病は進行します。

重度の歯周病になると、歯を失うだけではなく、歯を支える骨も失いますので、最悪の場合はインプラントすらできない状態もあります。

お口の症状が気になる人は、初期の段階で見つけるためにも、歯科検診を受けることをおすすめします。

当院では、歯周病治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

« 2019年5月 | メイン | 2019年7月 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。