«  2019年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年3月27日

インプラント治療は失った歯を取り戻すだけでなく、お口の機能(噛む力)も取り戻すことができる治療です。

また、他の治療法に比べて審美的にも優れている理想的な治療と言えるでしょう。

しかし、外科手術が必要で高額になりますので、どの歯科医の治療を受けるかはとても重要です。

今回は、そんな「インプラント治療を受ける歯科医院の選び方のポイント」をご紹介します。

・治療実績や成功率
まずは、公表しているかどうかという点で、公表しているところは、それだけインプラントに力を入れていると言えます。

・インプラント治療を受ける前の説明
患者様へインプラントを実施する必要性や、他の治療との比較などをきちんと説明した上で、納得してインプラント治療を受けてもらえるような配慮がされているかは、とても重要です。

・治療計画と治療法の説明
インプラント治療を行うと決まった場合、その治療方針や治療方法をきちんと説明してくれる歯科医師を選ばなければいけません。特に、複数の治療方法を紹介し、そのメリットデメリットを説明して患者様に選ばせるような歯科医を選びましょう。

・設備と技術
インプラント治療を行うための設備がどの程度のものなのかというのも、自信がある歯科医であればホームページなどで詳しく説明してくれています。また、歯科医師の技術についても、専門医資格の有無などで確認できます。

・アフターケア
10年保証などと標榜している歯科医もありますが、定期的な検診やクリーニングなどのアフターケアに力を入れている歯科医は、信頼できます。

以上の点が100点満点の歯科医はなかなか見つけられないかもしれませんが、概ね満足できそうな歯科医であれば、少し探せば見つかると思います。

これらのポイントをある程度押さえて選択すれば、しっかりとした歯科医から満足できる治療を受けられることでしょう。

当院では、インプラント治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年3月20日

入れ歯をしている人にしか分からないことかもしれませんが、入れ歯が不意に痛くなってしまうことがあります。

入れ歯を入れたばかりのこともあれば、何年も経ってから痛み始めんこともあるでしょう。

また、食事をしたときだけ痛むこともありますし、常に痛むこともあります。

そんなとき、ガマンせずに歯科医へ相談してください。

例えば、食事のときだけ痛む場合は、ゴマや小さな種などが隙間に入って起こります。そのため、入れ歯を外してきれいに洗えば、問題なくなるでしょう。しかし、根本的には、入れ歯が合っていないことがほとんどです。そのため、歯科医で調整しなければ、食事のたびに痛い思いをすることになるでしょう。

その他に、以下のような傷みがあります。

・入れ歯の縁が食い込んだり、頬の裏に当たったりする
この場合は、そもそも不適合な状態になっています。すぐに歯科医へ相談して、入れ歯を調整してもらいましょう。

・入れ歯を付けている辺りがズキズキする
入れ歯が合っていないこともありますが、歯周病の疑いがあります。歯周病で痛みが出るのは、進行している証拠ですので、すぐに歯科医で診てもらいましょう。

・入れ歯が欠けて、歯茎や口内が傷付いている
入れ歯が壊れた状態の場合、口腔内が傷付くだけでなく、健康な歯にも悪影響を与えます。早急に修理しなければいけません。

当院では、義歯やインプラント治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年3月13日

審美歯科は、歯や口元を美しくすることが主な目的です。そうすることで、患者様がコンプレックスをなくし、自信を持って生活していくことができるようにお手伝いします。

しかし、審美歯科治療の効果はそれだけではありません。じつは、歯や歯茎の健康維持という、予防歯科の効果もあるのです。

例えば、審美歯科で行っているクリーニングにPMTCというものがあります。これは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、プロが専用の機械を使って歯をクリーニングすることです。

プロが専用の機械を使うわけですから、普通の人がなかなか落としきれない汚れや届かない場所をきれいにすることができます。そうすることで、口臭をなくし、虫歯や歯周病を予防することができます。

また、表面をツルツルにして歯の表面にカルシウムやフッ素の含まれたペーストを塗布しますので、見た目が良くなるだけではなく、歯垢がつきにくくなり、虫歯を防ぐ効果も期待できます。

なにより、お口の中の隅々までしっかりと洗浄しますので、処置後の爽快感は非常に素晴らしいものです。ぜひ、お仕事帰りなどに気軽にお寄りいただき、この爽快感を味わっていただきたいと思います。

当院では、審美歯科治療を行っております。
お口や歯の事で気になる事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年3月 6日

「子供の頃に歯並びが悪くなってしまうと、大人になって苦労する」というのは、絶対ではありませんが、概ね当たっています。

そのため、最近では特に、小さな子供の頃から歯科医に通わせている親御さんも少なくありません。とても良い傾向だと思います。

ただ、そんな親御さんの中には、「永久歯がおかしなところから生えているので、乳歯を抜いてください」という人がいます。

特に、初めて永久歯が生えた時に、心配になる人が多いようです。

最初の永久歯は多くの人が下の前歯です。

このとき、永久歯が、すでにある乳歯の内側に生えてしまうことが少なくないのです。そのため、「乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきた。だから乳歯を早く抜かないと歯並びが悪くなってしまう」と考えるのでしょう。

その心配は分かりますが、その場合は、ほとんどの場合問題ありません。

乳歯が永久歯に生え替わるとき、永久歯は乳歯をガイドにして生えてきます。つまり、永久歯は乳歯に沿って、まさに入れ替わるように生えてくるのです。

乳歯の役割は、「永久歯が生える場所を先に確保しておく」ことと「永久歯が正しい位置に生えるためのガイド」の2点です。

そのため、乳歯は、まずガイドとして永久歯が生える方向を整え、時期が来たら入れ替わるように抜け落ちます。

特に最初の永久歯は前歯ですので、見えやすい場所で目立ってしまうこともありますので、心配になるかもしれません。しかし、ほとんどの場合はそのままにしておいて問題ありません。

それに、もし、少し内側に永久歯が生えてしまったとしても、常に舌に押されてしまうことになりますので、正しい位置に自然と矯正されることがほとんどです。

ご安心ください。

それよりも、しっかりと歯磨きをしてあげて、虫歯予防に努めましょう。


当院では、歯科矯正治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

« 2019年2月 | メイン | 2019年4月 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。