«  2019年2月13日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2019年2月13日

歯が欠けたり割れたりした場合、歯科医は様々な手段で欠けた歯を補います。

その治療方法には、ブリッジやインレー、クラウンなどがありますが、丸々1本失われた場合に行われるのが、ブリッジです。

ブリッジは、失われた歯の代わりに、両隣の歯を支持にして、セラミックやジルコニアで作った人工の歯をはめ込む治療法です。

うまくはめ込むためには、両隣の歯を削る必要があり、かつ失われた歯が支えていた力もそれらの歯が支えることになるため、ブリッジを患部に併せてきっちりと設計しなければいけません。

ただし、歯が失われた部分の歯肉や骨は縮んでしまうことが多く、ブリッジをうまく付けることができたとしても、歯肉とブリッジの間に隙間ができてしまうことも少なくありません。

そうなると、審美性が失われるだけでなく、隙間に歯垢や歯石が溜まりやすく、口臭や歯周病の原因になってしまうでしょう。

そのため、ブリッジを設計する段階から、人工骨を使った骨造成や歯肉の移植なども取り入れ、審美的な観点での治療を行った方が良いことでしょう。

もし、ブリッジ治療を行うときは、ぜひ審美的な観点も含めて治療する歯科医に診てもらってください。

当院では、審美治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

« 2019年2月 6日 | メイン | 2019年2月20日 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。