«  2019年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2019年2月13日

歯が欠けたり割れたりした場合、歯科医は様々な手段で欠けた歯を補います。

その治療方法には、ブリッジやインレー、クラウンなどがありますが、丸々1本失われた場合に行われるのが、ブリッジです。

ブリッジは、失われた歯の代わりに、両隣の歯を支持にして、セラミックやジルコニアで作った人工の歯をはめ込む治療法です。

うまくはめ込むためには、両隣の歯を削る必要があり、かつ失われた歯が支えていた力もそれらの歯が支えることになるため、ブリッジを患部に併せてきっちりと設計しなければいけません。

ただし、歯が失われた部分の歯肉や骨は縮んでしまうことが多く、ブリッジをうまく付けることができたとしても、歯肉とブリッジの間に隙間ができてしまうことも少なくありません。

そうなると、審美性が失われるだけでなく、隙間に歯垢や歯石が溜まりやすく、口臭や歯周病の原因になってしまうでしょう。

そのため、ブリッジを設計する段階から、人工骨を使った骨造成や歯肉の移植なども取り入れ、審美的な観点での治療を行った方が良いことでしょう。

もし、ブリッジ治療を行うときは、ぜひ審美的な観点も含めて治療する歯科医に診てもらってください。

当院では、審美治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年2月 6日

噛み合わせの異常というのは、上下の歯の位置関係がずれてしまって、きちんと噛むことができなくなっていることを指します。

これは、事故などで起こることもありますが、頬杖や片噛みなどの日常の癖で起こることもありますので、気を付けなければいけません。

噛み合わせが悪くなると、左右の噛む力のバランスが悪くなり、うまく噛むことができなくなります。そのため、噛むことが億劫になって、あまり噛むことがなくなってしまい、飲むように食事をすることになってしまいます。

そうなると、胃腸への負担が大きくなり、胃腸に問題が発生することがあります。

また、噛むという行為は、唾液の分泌を促す大きな要因の1つですので、噛む回数が減ることで、唾液の分泌が減ってしまうのです。

この、胃腸の不調と唾液の減少というのは、口臭を発生させるとても大きな原因になります。

胃腸の調子が悪ければ、食べ物をうまく消化させず、ガスが発生してそれが口から漂い出ることになります。また、唾液が少なければ口腔内の細菌の洗浄や殺菌を行う力が弱まりますので、細菌が繁殖して臭いの原因をせっせと作り出してしまうのです。

そのため、噛み合わせの異常を治した途端に、口臭が消えた、という人も少なくありません。

口臭に悩んでいる人は、1度歯科医に相談してみることをおすすめします。根本的な原因が見つかるかもしれません。

当院では、歯科矯正治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

« 2019年1月 | メイン

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。