«  2019年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2019年2月27日

歯周病は、酷くなると歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病です。

そのため、発症しないように、歯磨きなどのお口のケアを日々しっかりと行って、予防していかなければいけません。もちろん、定期的に歯科医でクリーニングなどを行えば、よりよいですし、そうすれば仮に歯周病になっていても早期に発見できますので、大きな問題になりません。

しかし、歯周病は自覚症状がほとんどない病気ですので、発見したときにはもうあごの骨まで浸食されていることも少なくありません。

そのときに、決断を迫られるのです。

「根管治療などを行って徹底的に病巣を除去、殺菌して天然の歯を残す」か、「病巣を歯ごと取り除いて、インプラントなどの人工の歯に置き換える」かという決断です。

もちろん、天然の歯を残しておくのは悪くありません。しかし、将来的にインプラントにするかもしれないという場合は、このときに(できるだけ早く)インプラントにしておくべきなのです。


インプラントは、失われた歯の代わりに人工の歯を埋め込む治療法です。

歯は、あごの骨に支えられているものですので、インプラントも人工の土台をあごの骨に埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けます。そのため、インプラント治療を行うためには、あごの骨がしっかりとしていなければいけません。

しかし、深刻な歯周病になってしまうと、あごの骨が細菌に冒されるなどして溶けてしまいます。そうなると、あごに土台を埋め込めなくなってしまうことがあるのです。

もし、歯周病の治療方法で選択を迫られているのであれば、こういったリスクも考慮して検討しなければいけません。しっかりと歯科医師と相談してください。

当院では、歯周病治療やインプラント治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.asai-dc.net/

2019年2月20日

日々忙しく過ごしていると、朝食を抜いてしまうことがあります。中には、基本的に朝食は摂らないという人もいるでしょう。

しかし、そういった人は、口臭に気を付けなければいけません。

じつは、口臭は、朝起きてすぐがもっとも強いというデータがあるのです。これは、夜間、寝ている間に細菌が増殖してしまうことと、空腹によるものが原因です。

そのため、ほとんどの場合、朝食を摂ることで、口臭がなくなります。食事の臭いが気になって、朝食を抜く人もいますが、食事中に分泌される唾液が、口臭の原因となる細菌を洗い流し、殺菌するため、食事をしないというのは逆効果なのです。

もちろん、朝の歯磨きでも口臭は緩和されますが、空腹の状態では、口内ではなくお腹からも臭いが漏れるため、完全ではありません。

また、朝食後も、昼食前と夕食前には、同じように口臭が強くなる傾向があります。唾液で洗浄された細菌が、唾液の分泌が減る食事と食事の間に増えてしまうのが原因なのです。

つまり、口臭を効果的に抑えるためには、唾液の分泌が重要なわけです。そのため、食事と食事の間に口臭が気になるようであれば、チューインガムなどを噛んで唾液の分泌を促すことで、細菌を洗い流して口臭を抑えることができるでしょう。

ただし、食後すぐにでも口臭が強く残ってしまう場合は、歯周病などが疑われますので、ぜひ歯科医へご相談ください。

当院では、歯周病治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年2月13日

歯が欠けたり割れたりした場合、歯科医は様々な手段で欠けた歯を補います。

その治療方法には、ブリッジやインレー、クラウンなどがありますが、丸々1本失われた場合に行われるのが、ブリッジです。

ブリッジは、失われた歯の代わりに、両隣の歯を支持にして、セラミックやジルコニアで作った人工の歯をはめ込む治療法です。

うまくはめ込むためには、両隣の歯を削る必要があり、かつ失われた歯が支えていた力もそれらの歯が支えることになるため、ブリッジを患部に併せてきっちりと設計しなければいけません。

ただし、歯が失われた部分の歯肉や骨は縮んでしまうことが多く、ブリッジをうまく付けることができたとしても、歯肉とブリッジの間に隙間ができてしまうことも少なくありません。

そうなると、審美性が失われるだけでなく、隙間に歯垢や歯石が溜まりやすく、口臭や歯周病の原因になってしまうでしょう。

そのため、ブリッジを設計する段階から、人工骨を使った骨造成や歯肉の移植なども取り入れ、審美的な観点での治療を行った方が良いことでしょう。

もし、ブリッジ治療を行うときは、ぜひ審美的な観点も含めて治療する歯科医に診てもらってください。

当院では、審美治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2019年2月 6日

噛み合わせの異常というのは、上下の歯の位置関係がずれてしまって、きちんと噛むことができなくなっていることを指します。

これは、事故などで起こることもありますが、頬杖や片噛みなどの日常の癖で起こることもありますので、気を付けなければいけません。

噛み合わせが悪くなると、左右の噛む力のバランスが悪くなり、うまく噛むことができなくなります。そのため、噛むことが億劫になって、あまり噛むことがなくなってしまい、飲むように食事をすることになってしまいます。

そうなると、胃腸への負担が大きくなり、胃腸に問題が発生することがあります。

また、噛むという行為は、唾液の分泌を促す大きな要因の1つですので、噛む回数が減ることで、唾液の分泌が減ってしまうのです。

この、胃腸の不調と唾液の減少というのは、口臭を発生させるとても大きな原因になります。

胃腸の調子が悪ければ、食べ物をうまく消化させず、ガスが発生してそれが口から漂い出ることになります。また、唾液が少なければ口腔内の細菌の洗浄や殺菌を行う力が弱まりますので、細菌が繁殖して臭いの原因をせっせと作り出してしまうのです。

そのため、噛み合わせの異常を治した途端に、口臭が消えた、という人も少なくありません。

口臭に悩んでいる人は、1度歯科医に相談してみることをおすすめします。根本的な原因が見つかるかもしれません。

当院では、歯科矯正治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

« 2019年1月 | メイン | 2019年3月 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。