«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 乳歯はいずれ抜けるから、虫歯になっても大丈夫? | メイン | 歯石除去をしなければ »

2018年11月21日

人には、必ず噛み方の癖があります。

生まれてからいろいろな食べ物を食べる中で身に付いた、噛みやすい噛み方です。

しかし、もしその噛み方が、片方でばかり噛む「片側噛み」になっていたら、できれば強制して治した方が良いでしょう。

常に決まった側のあごでばかり咀嚼する「片側噛み」をしていると、以下のような問題が発生しやすくなります。

・あごがカクカクとなる(顎関節症の前兆)
・顔の左右バランスが崩れる(眉や口角の高さ、ほうれい線の深さなど)
・片方でばかり虫歯になる
・あごや頬の肉の付き方が違う

顎関節症や虫歯は問題ですが、それよりも顔の左右バランスが崩れてしまう方が、女性には恐怖かもしれません。

しかし、逆に言えば、片側噛みをしないようにすれば、顔の左右バランスが保たれるとも考えられます。顔の左右バランスが良いのは、美人の特徴ですので、片側噛みに気を付けるのは、美人への第1歩かもしれません。

じつは、歯科医では、片側噛みを治すために医療用のガムも用意しています。気になる方は、ぜひ1度歯科医師に相談してみてください。


当院では、審美歯科治療を行っております。
歯並びや顔のバランスなどで疑問があれば、お気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/740

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。