«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 歯科検診の重要性 | メイン | 片側噛みに気を付けよう »

2018年11月14日

子供の虫歯というのは、とても厄介なものです。

特に虫歯の治療は、泣き叫んだり暴れたりして、とてもたいへんです。

そんな理由もあって、「乳歯はいずれ抜けるから、虫歯になっても放っておけばいい」という親御さんがいます。

しかし、それは大きな間違いです。

乳歯の虫歯をきちんと治療しておかなければ、次のような、永久歯に取り返しのつかない悪影響が及んでしまうことがあるのです。

・永久歯のエナメル質が正しく形成されない
エナメル質というのは、歯の表面を保護する部分です。そのため、エナメル質が正しく形成されなければ、歯の表面がボコボコして穴が空いてしまったり、茶色く変色してしまったりしてしまい、虫歯にもなりやすくなります。

・歯並びが悪くなる
永久歯は乳歯の抜けた後に順番に生えてきます。それは、残った乳歯やすでに生えた永久歯によって位置を調整しながら生えてくるからです。しかし、乳歯が虫歯になって抜けて早々に抜けてしまったりした場合、正しく位置調整ができず、歯が本来の位置からずれた位置に生えてしまうことがあるのです。


乳歯の虫歯だからこそ、早急に治療しておかなければいけないのです。


当院では、小児歯科治療を行っております。
お子様のお口や歯の事でご不安な事がございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/739

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。