«  2018年10月17日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年10月17日

乳歯は、永久歯に比べてエナメル質や象牙質などの歯を守る部分が薄くなっています。その上、子供はきちんと歯磨きができず、甘いものを好んで食べますので、どうしても虫歯になりやすくなっています。

それに加えて、乳歯は痛みを感じにくくなっていますので、少し気を抜いてしまうと、神経まで達するような重度の虫歯になってしまうこともあります。

乳歯だからといって、虫歯を治療しなければ永久歯に悪い影響を与えてしまいますので、きちんと治療を受けるようにしなければいけません。

そんな乳歯の治療については、軽度の虫歯であれば、永久歯と同様に患部を削って対処しますが、神経を抜いてしまう必要のあるような治療(根管治療)については、永久歯とは違った対処になります。

永久歯の根幹治療の場合は、神経を抜いた後の穴(根幹)をしっかりと洗浄消毒した後、詰め物を詰めて細菌の感染を防ぎます。しかし、乳歯の場合、しっかりと詰め物をしてしまうと永久歯が生えてくることを阻害してしまいますので、時とともに溶けてしまうような材質の詰め物を行わなければいけません。

同様に、乳歯が大きく欠けてしまった場合、永久歯であればブリッジなどをして欠損部分を補いますが、乳歯の場合はそういった対応を行わず、むしろ欠けた乳歯が抜けやすいように他の歯が移動しないための処置を施します。これもまた、その後に生えてくる永久歯への影響を最低限にするためです。

ここまでのように、乳歯の治療というのは、永久歯が正常に生えるために行うものです。そのため、永久歯とは違った治療内容になることが少なくありません。


当院では、小児歯科治療を行っております。
お子様の虫歯や歯並びなどにご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

« 2018年10月10日 | メイン | 2018年10月24日 »

Categories

  • カテゴリー1

Entries

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。