«  2018年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年10月31日

歯みがきを強くしすぎたり、歯みがきの頻度が多すぎるなどの理由で、歯茎が下がり、歯が長く見えたり、知覚過敏などが起こったりすることがあります。

こうなってしまうと、以前は移植手術や骨再生術などを行わなければいけないと言われていましたが、じつはもっと簡単に下がった歯茎を戻す方法があります。

それは、「歯みがきの方法を変える」ことです。

それまでのように強い力でゴシゴシと歯をみがくのではなく、軽い力で歯ブラシの毛先をこまめに動かし、歯と歯茎の境目に溜まった歯垢をきれいに取り除くのです。

この時気をつけるのは、「力加減」です。

弱い力で毛先を小さく動かし、歯と歯茎の隙間の奥まで歯ブラシの毛先を入れて汚れをかき出すようにします。

そうして、歯と歯茎の間のきれいに保っていると、下がっていた歯茎が戻ってくるのです。

この不思議な現象はクリーピングと呼ばれており、実際に数多くの症例があります。

もちろん、正しいみがき方をマスターするには、きちんと教えてもらわなければいけませんが、正しく続ければクリーピングが起こりますので、歯科医で治療するよりもずっと自然で安上がりでできます。

歯茎が下がっているのを気にしている方は、ぜひ1度、歯科医にご相談してみてください。


当院では、一般歯科治療や歯のクリーニングを行っております。
虫歯など、お口のトラブルがご心配でしたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年10月24日

乳歯が抜けたあとに生えてきた永久歯は、乳歯に比べると黄色く、少し弱い歯に見えます。

それは、正しい感想です。

生えたばかりの永久歯である幼若永久歯は、本来の永久歯よりもエナメル質や象牙質が薄く、虫歯に対する抵抗力もあまりない、弱い歯なのです。

また、生えたばかりの幼若永久歯は歯の根がまだしっかりとしていませんので、その点でもとても脆い歯だと言えます。

そのため、幼若永久歯は、特に虫歯に気をつけなければいけません。

もし、そんな幼若永久歯が虫歯になって、根幹治療を行わなければいけなくなった場合、残念ながら完全な治療ができないという点は、覚悟しておかなければいけません。

なぜなら、根幹治療は、神経を抜いたあとの穴(根幹)を洗浄消毒して薬剤などをしっかりと詰めることで完了する治療だからです。これから根幹が育とうとしている幼若永久歯の場合、根幹がどう変化するか分からないため、完全に詰め物をすることができません。そのため、歯根が出来上がってから、改めて治療をする必要があるのです。

根幹治療は、大人でも負担になるような治療です。そんな治療を何度も経験させるのは子供には酷というものですので、そんなことにならないよう、仕上げ磨きをしてあげるなど、日頃からしっかりとケアしてあげるようにしましょう。


当院では、小児歯科治療を行っております。
お子様の虫歯や歯並びなどにご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年10月17日

乳歯は、永久歯に比べてエナメル質や象牙質などの歯を守る部分が薄くなっています。その上、子供はきちんと歯磨きができず、甘いものを好んで食べますので、どうしても虫歯になりやすくなっています。

それに加えて、乳歯は痛みを感じにくくなっていますので、少し気を抜いてしまうと、神経まで達するような重度の虫歯になってしまうこともあります。

乳歯だからといって、虫歯を治療しなければ永久歯に悪い影響を与えてしまいますので、きちんと治療を受けるようにしなければいけません。

そんな乳歯の治療については、軽度の虫歯であれば、永久歯と同様に患部を削って対処しますが、神経を抜いてしまう必要のあるような治療(根管治療)については、永久歯とは違った対処になります。

永久歯の根幹治療の場合は、神経を抜いた後の穴(根幹)をしっかりと洗浄消毒した後、詰め物を詰めて細菌の感染を防ぎます。しかし、乳歯の場合、しっかりと詰め物をしてしまうと永久歯が生えてくることを阻害してしまいますので、時とともに溶けてしまうような材質の詰め物を行わなければいけません。

同様に、乳歯が大きく欠けてしまった場合、永久歯であればブリッジなどをして欠損部分を補いますが、乳歯の場合はそういった対応を行わず、むしろ欠けた乳歯が抜けやすいように他の歯が移動しないための処置を施します。これもまた、その後に生えてくる永久歯への影響を最低限にするためです。

ここまでのように、乳歯の治療というのは、永久歯が正常に生えるために行うものです。そのため、永久歯とは違った治療内容になることが少なくありません。


当院では、小児歯科治療を行っております。
お子様の虫歯や歯並びなどにご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年10月10日

大人に比べて、子どもは虫歯になりやすいと言われています。

子どもが甘いものばかり食べているせいというのもありますが、じつはそれだけではありません。

その理由に気付けば、少なからず子どもの虫歯を防ぐことができるかもしれませんので、紹介しましょう。

・生え替わりの時期は、噛み合わせが悪くなる
歯がきちんと揃っていれば、日々の咀嚼などで歯がこすりあって食べかす等か自然と取れる自浄作用が働きます。しかし、歯の生え替わりの時期などは大きさの異なる歯が並びますので噛み合わせが良くなく、どうしても食べかす等か残りやすくなってしまうのです。

・歯みがきをうまくできない
前述の隙間が多くなる点も理由の1つですが、子どもが1人で歯をみがくと、みがき残しが多くなってしまいます。そうなると、虫歯になるリスクが大きくなるのは、仕方がありません。

・虫歯に気が付きにくい
乳歯は、永久歯に比べて痛みを感じにくいと言われています。そのため、気が付いたときには重度の虫歯になってしまっており、治療に時間がかかってしまうことになります。


お子様の虫歯を防ぐためには、仕上げみがきをきちんとして、定期的に検査を受けることが重要なのです。


当院では、小児歯科治療を行っております。
お子様の虫歯や定期歯科検診など、お気軽にご相談ください。

http://www.asai-dc.net/

2018年10月 3日

虫歯が進行して神経にまで達してしまったときに、根管治療が行われます。

一般的に「神経を抜きましょう」と歯医者さんから言われたら、根管治療が始まると思えば良いでしょう。

もちろん、そのままその歯医者さんで治療を受けても良いですが、そのとき、少しだけ調べて欲しいことがあります。

それは、その歯医者さんが根管治療に対して設備と技術を備えているかということです。

根管治療は、治療を受けた人の2人に1人程度再発するとも言われている難しい治療です。そのため、設備と技術が揃っていなければ、再発してしまうかもしれませんし、残せる歯を失ってしまうこともあります。

そのため、根管治療を受ける場合、その歯科医師が「根管治療専門医」もしくは、「歯内療法専門医」であるかどうかを確認しましょう。
特に、根管治療のエキスパートの多くが所属している「日本歯科保存学会」に認定されている専門医であれば、安心できます。

院内の壁に掲げてあることもありますし、Webサイトのプロフィールなどに掲載されている場合がほとんどですので、確認してみることをおすすめします。


当院では、根管治療を行っております。
虫歯や歯周病でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

« 2018年9月 | メイン | 2018年11月 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。