«  2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« クリーニングの意味 | メイン | 根管治療を受けるとき »

2018年9月26日

歯の根にまで細菌が感染し、膿がたまってしまうような酷い虫歯のときに行う根管治療は、歯の神経を抜き、残った穴を洗浄・.消毒して薬剤を詰めて密閉する治療です。

聞いているだけでも痛そうに感じるかもしれません。
しかし、放置していてはより悪化して、外科的な手術が必要になることがありますので、できる限り早めに治療しなければいけません。

実際のところ、強い痛みを感じてしまう人もゼロではありませんし、多くの人が治療後に違和感や鈍痛を感じているようです。

ただし、治療後すぐに感じる違和感や鈍痛は、詰めた薬剤に対する人体の反応だったり、残った膿を出そうとする反応だったりします。
そのため、一時的(1週間程度)なもので、感じなくなるのが通例です。

もちろん、歯科医師はそれを良く知っていますので、相談すれば痛み止めなどを処方してくれますので、安心してください。

ただし、根管治療は難易度の高い治療です。もし、根管治療を受けるのであれば、専門医で受けるようにしましょう。

当院では、根管治療を行っております。
酷い虫歯などで心配な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/732

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。