«  2018年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年8月29日

審美歯科治療は、失われた歯の機能を取り戻すだけではなく、顔全体のバランスも考慮して美しさや整った顔立ちを目指す治療です。

美しさや整った顔立ちを目指している点で、通常の歯科医療とは違っており、それ故に自由診療になって保険適用外となります。

保険適用外となってしまうということは、患者様の負担がそれだけ大きくなりますので、躊躇される方も少なくないでしょう。

しかし、審美歯科治療は、その負担に見合うかそれ以上の効果があるのです。

例えば、歯科矯正ひとつをとってみても、歯並びが良くなったために笑顔や滑舌が良くなり、気持ちが明るくなるだけでなく、就職や進学での第一印象を思った以上に良いものにしてくれます。

また、お口のクリーニングやメンテナンスをしっかりとすることで、口臭を抑え、きれいな白い歯を維持することができますので、物怖じせずに人と話をすることができ、積極的になる人が多くいるのです。

審美歯科治療は、虫歯や歯周病を防いでお口の健康を保つだけではなく、メンタル面でも良い影響を与え、健やかな生活を送ることも実現することができるのです。


当院では、審美歯科治療を行っております。
歯並びやあごのずれなどにご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年8月22日

一般的な歯科治療は、虫歯や歯周病など、健康に関わる口腔内の治療です。

そのため、過去の治療実績やコストを優先し、目立ってしまう金属や、すぐに変色してしまうような素材で治療してしまうことが多くなっています。
もちろん、国民皆保険の範囲内で格差のない治療を確実に行うために必要なことです。

しかし、それの結果、言葉がボソボソと聞こえにくくなったり、笑顔を作れなかったりするなどして、コミュニケーションがうまくできないなど、人前で口を開けることをためらってしまい、日々の生活に支障が出てしまうことが少なくありません。

そんな歯科治療における見た目にも注目して、見た目と機能の両方を改善しようというのが、審美歯科なのです。

治療というのは、機能を回復するだけで終わりではなく、患者様が元の生活を取り戻すこと、欲を言えば、より良い生活を得られるようにすることです。

審美歯科は、まさにそんな「より良い生活を得る」ことも可能な、数少ない治療の1つと言えるでしょう。

当院では、歯科審美治療を行っております。
歯並びや歯の隙間などにご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年8月15日

虫歯や歯周病の治療だけではない審美歯科には、その対応内容によっていくつかの種類があります。

もちろん、治療すべき内容によって治療方法が違うのは当然ですが、同じ治療内容であっても違った治療方法を採る場合がありますので、その内容を紹介しましょう。

・歯が欠けていたり、割れていたり、抜けている場合の治療法
1.クラウンを被せる
欠けてしまった歯にセラミックなどで作った被せ物をして、形を整える治療です。

2.インプラント
顎の骨にチタン製の歯根を埋め込んで、人工歯を取り付ける方法です。主に抜けてしまった歯を補填するために行いますが、敢えて健康な歯を抜歯して歯並びを整えたりする場合もあります。

3.ブリッジ
抜けた歯の隣にある健康な歯に固定する形で義歯を設置する方法です。インプラントに比べて安価でリスクは少ないですが、健康な歯を削るなどして負担がかかる欠点があります。

・歯並びを整える治療法
1.ブラケット
ブラケットと呼ばれる矯正装置を歯に設置し、ワイヤーを通して歯並びを矯正します。金属のワイヤーやブラケット自身が金属ですので目立ってしまうことで敬遠されていましたが、透明なワイヤーや樹脂製のブラケットなど、目立たない手法も行われています。

2.マウスピース
正しい歯並びの型をとったマウスピース型の矯正装置を歯に被せて歯を矯正する方法です。矯正装置を自分で外すことができますので、ブラケット型に比べて制限が少ない反面、治療期間が長くなってしまう欠点があります。

3.セラミッククラウン
問題となっている歯を削って土台として、正常な形、方向にしたセラミック製のクラウンを被せることで歯並びを正常にします。

4.ラミネートベニヤ
問題となっている歯の表面を薄く削って、代わりに薄いセラミックの板を貼り付ける治療方法です。軽度の歯並びや隙間などの治療に使われます。


・歯の黄ばみや黒ずみの治療法
1.ホワイトニング
薬剤などを利用して黄ばみや黒ずみを除去して、歯のクリーニングを行います。

2.ラミネートベニヤ
歯の表面を削ってセラミックの薄い板を貼り付けるため、結果的に歯の色も改善されることになります。


当院では、歯科審美治療を行っております。
歯並びや歯の隙間などにご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年8月 8日

歯科矯正というと、どんなイメージがあるでしょうか?

「時間がかかる」「お金がかかる」「食べ物が制限される」など、いろいろな厳しいイメージがあると思います。

ただし、これらの厳しいイメージは、治療方法や歯科医の技術、治療の進み具合や慣れなどで軽減されますし、必ずしも全員に降りかかるものでもないものもあります。

でも、「見た目」という点は、残念ながら避けられないものでしょう。

一般的に歯科矯正で使われる矯正装置は、歯の表面にワイヤーを固定しますので、話したり笑ったりした時などに目立ってしまいます。

もちろん、透明なワイヤーにして目立たないようにする方法もありますが、限界があります。また、歯の裏側に取り付ける方法もありますが、痛みや食事制限を改善することは難しいでしょう。

そんな歯科矯正の方法の中で、見た目には分かりづらく、痛みが極めて少ないのが、マウスピース矯正です。

マウスピース矯正は、歯に樹脂製のマウスピースを装着して矯正する方法で、金属ではないために痛みが少なく、また取り外すことができるため食事制限などがほぼありません。

歯科矯正の見た目や痛みに不安を抱いて躊躇しているのであれば、ぜひ一度、歯科医師にマウスピース矯正について相談してみてください。

当院では、歯科矯正治療を行っております。
歯並びにご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年8月 1日

大きな虫歯ができてしまっている場合、虫歯が作った穴を洗浄・殺菌して、インレー(詰め物)をする治療を行います。

ただし、インレーには材質が違う数種類がありますので、その特徴を紹介しましょう。

・合金
保険適用治療で使用される、合金製のインレーです。強度がありますが、いわゆる銀歯で、審美的に気になる人が多いかもしれません。
また、金属が溶け出して歯肉の色を変色させてしまったり、金属アレルギーの人だと炎症を起こしてしまったりすることもあります。

・金
いわゆる金歯です。保険適用外ですが、安定している金属ですので溶け出すことがほとんどなく、金属アレルギーの人でも安心して使えます。
ただし、こちらも審美的に気になる人はいるでしょう。

・セラミック
こちらも保険適用外になりますので、価格の面で気になる人がいるでしょう。
ただし、歯と同じ色にすることができますので、金歯や銀歯のように審美的な面で問題になることはなく、かつ金属アレルギーの人にも影響ありません。
強度もあって100点満点のようですが、割れるリスクがあるのが何点です。

なお、インレーは歯の型取りをして作成しますので、できあがるまでに1週間ほどかかります。それまでは、仮の詰め物をしていますので、その詰め物が取れないように気をつけなければいけません。
ガムやキャラメルなどの飲食は控えていただかなければいけません。

当院では、一般歯科治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

« 2018年7月 | メイン | 2018年9月 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。