«  2018年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« インプラントの欠点 | メイン | インプラントをすすめられない人とは »

2018年7月18日

インプラントは、外科手術になってしまうこともあり、高額な費用になりますし、メンテナンスをこまめにする必要がありますので、安易に選択するのはあまりおすすめできません。

しかし、ただ安く済ませるためだけに、インプラント治療を除外するのも、おすすめできません。

インプラントはきちんと確立した歯科治療の1つですので、インプラントで対応した方が良い症状というのがあるのです。

そんな、インプラント治療をおすすめする場合を紹介します。

・歯を根元から失ってしまっている場合
事故などで歯を失った場合、歯が折れただけではなく、根元から砕けてしまうような場合があります。そのような場合は、あごの骨に埋め込むインプラントによって、失った歯を取り戻すことができます。

・残った歯に負担をかけたくない場合
インプラントを使わずに失った歯を取り戻す方法に、ブリッジがあります。しかし、ブリッジは失った歯の隣の歯にブリッジをとりつけ、そこを支えにして義歯を設置するため、健康な歯を削る必要があります。そういったことができない場合、インプラントを選択することになるでしょう。

他にも、極端に審美的な点を重視する場合なども、インプラント以外の方法では満足できないこともあります。

当院では、審美歯科治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/722

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。