«  2018年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« インビザラインとは? | メイン | インプラントをすすめる人とは »

2018年7月11日

健康な歯を失わないことが最善ではありますが、今では歯を失っても取り戻すことができます。

その中でも、あごの骨にチタン製の歯根を埋め込んでセラミック製の義歯を設置するインプラントは、失った歯を取り戻す方法としては最良の方法です。

しかし、そんなインプラントにも欠点があり、もしこの点でインプラントが抜け落ちた場合、大規模な手術が必要となってしまうこともあります。

その欠点というのが、埋め込んだ歯根や義歯に歯周病菌が住み着いて増殖してしまうことです。

健康な歯根は、あごの骨から生えており、当然ながら隙間などありません。また、薄い膜で覆われて歯周病菌の感染から守られています。しかし、インプラントは後から差し込んでいるものですし、歯根と義歯の間にも隙間がゼロではありません。

そのため、どうしてもその隙間に食べかすや歯垢が溜まりやすく、歯周病菌が繁殖しやすい状態になってしまうのです。

それをそのまま放っておくと、歯周病菌があごの骨まで侵食し、根元からインプラントが抜け落ちることになってしまいます。

インプラントは、義歯だから虫歯にならないと思っている人もいるかもしれませんが、本物の歯よりもこまめなメンテナンスが必須となっていると思わなければいけません。

医師が定期的な検診をすすめる理由がここにあります。

当院では、インプラント治療を行っております。
歯周病や歯の事で気になることがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/721

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。