«  2018年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年7月25日

入れ歯やブリッジに比べて、治療後の扱いが容易で、審美的にも整った結果になることが多いインプラントですが、どんな人にでもできるものではありません。

今回は、そんなインプラント治療ができない人について、紹介しましょう。

・子供
インプラント治療は、あごの骨にチタン製の歯根を埋め込みます。子供はそのあごの骨が小さく、また成長してどんどん変わっていきますので、インプラント治療をすることができません。

・妊婦
インプラント治療は外科手術になりますので、治療後の痛み止めなどで投薬することが多くなります。それらの薬が赤ちゃんにどんな影響を与えるのかが分かりませんので、おすすめできません。

・骨粗しょう症など、骨が弱い人
あごの骨にチタン製の歯根を埋め込みますので、骨粗しょう症の人や何らかの治療で骨が軟らかくなる薬を服用している人などは、インプラント治療ができません。

また、これらの人でなくても、まれにインプラントと骨が合わず、拒否反応を示してしまう人もいますので、そういった人は治療方法を変更せざるを得なくなってしまいます。

当院では、インプラント治療を行っております。
お口の事で気になる事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年7月18日

インプラントは、外科手術になってしまうこともあり、高額な費用になりますし、メンテナンスをこまめにする必要がありますので、安易に選択するのはあまりおすすめできません。

しかし、ただ安く済ませるためだけに、インプラント治療を除外するのも、おすすめできません。

インプラントはきちんと確立した歯科治療の1つですので、インプラントで対応した方が良い症状というのがあるのです。

そんな、インプラント治療をおすすめする場合を紹介します。

・歯を根元から失ってしまっている場合
事故などで歯を失った場合、歯が折れただけではなく、根元から砕けてしまうような場合があります。そのような場合は、あごの骨に埋め込むインプラントによって、失った歯を取り戻すことができます。

・残った歯に負担をかけたくない場合
インプラントを使わずに失った歯を取り戻す方法に、ブリッジがあります。しかし、ブリッジは失った歯の隣の歯にブリッジをとりつけ、そこを支えにして義歯を設置するため、健康な歯を削る必要があります。そういったことができない場合、インプラントを選択することになるでしょう。

他にも、極端に審美的な点を重視する場合なども、インプラント以外の方法では満足できないこともあります。

当院では、審美歯科治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年7月11日

健康な歯を失わないことが最善ではありますが、今では歯を失っても取り戻すことができます。

その中でも、あごの骨にチタン製の歯根を埋め込んでセラミック製の義歯を設置するインプラントは、失った歯を取り戻す方法としては最良の方法です。

しかし、そんなインプラントにも欠点があり、もしこの点でインプラントが抜け落ちた場合、大規模な手術が必要となってしまうこともあります。

その欠点というのが、埋め込んだ歯根や義歯に歯周病菌が住み着いて増殖してしまうことです。

健康な歯根は、あごの骨から生えており、当然ながら隙間などありません。また、薄い膜で覆われて歯周病菌の感染から守られています。しかし、インプラントは後から差し込んでいるものですし、歯根と義歯の間にも隙間がゼロではありません。

そのため、どうしてもその隙間に食べかすや歯垢が溜まりやすく、歯周病菌が繁殖しやすい状態になってしまうのです。

それをそのまま放っておくと、歯周病菌があごの骨まで侵食し、根元からインプラントが抜け落ちることになってしまいます。

インプラントは、義歯だから虫歯にならないと思っている人もいるかもしれませんが、本物の歯よりもこまめなメンテナンスが必須となっていると思わなければいけません。

医師が定期的な検診をすすめる理由がここにあります。

当院では、インプラント治療を行っております。
歯周病や歯の事で気になることがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年7月 4日

マウスピース矯正にはいくつかの手法があり、その中の1つに「インビザライン」があります。

インビザラインは、比較的新しい手法のマウスピース矯正ですが、その分、既存のマウスピース矯正に比べて、患者様の負担を小さくすることができる優れた部分のある治療方法といえます。

そんなインビザラインの、既存のマウスピース矯正とのもっとも大きな違いを紹介します。

それは、マウスピースを作成するために必要な歯型のデータを取得するタイミングです。

既存のマウスピース矯正では、おおよそ1ヶ月に1度歯型を取り、そこからどう矯正していくかを検討して、マウスピースを作成していました。

そのため、患者様には毎月歯型を取るために来院していただき、大きな負担になっていました。

しかし、インビザラインでは、最初に精密な測定を行うだけで、あとはそのデータをもとに治療方針と必要なマウスピースの形状を計算してしまうのです。

そのため、インビザラインでは、1度の測定だけで、歯科医師の治療方針に基づいたマウスピースがすべて作成されることになります。

つまり、理論上は、患者様はご来院されることなく、最初に渡されたマウスピースを一定期間ごとに交換するだけで、矯正治療を終えることができることになるのです。(もちろん、実際には定期的に歯科医師が状況を確認します)

当院では、歯科矯正治療を行っております。
歯並びや噛み合わせにご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

« 2018年6月 | メイン | 2018年8月 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。