«  2018年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年6月27日

歯科医師を選ぶに当たって重要な点は、価格でしょうか?
家や職場からの距離や通いやすさでしょうか?

もちろん、価格や通いやすさは、きちんと治療を受け続けるためのハードルを下げますので、軽視はできません。

しかし、何より重要なのは、歯科医師の技術です。 
そして、その歯科の設備でしょう。

どれだけ安くて通いやすい歯科医でも、未熟で簡単な設備しかないと、いくら通っても完治するのに時間がかかってしまいます。
最悪の場合、悪化したり原因に気付けずに取り返しがつかない状態になったりすることもあります。

そのため、きちんと治すためには、技術と設備が整った歯科医を選ばなければいけません。

いまは、以前よりもセカンドオピニオンについての理解が医者、患者様ともに深まっています。

これから歯科治療を受けようと思っている方、現在の治療に満足できていない方、不安な方は、ぜひ技術と設備が整った歯科医をお探しください。

当院では、大学病院並みの設備を使って専門医が治療を行っております。
お口や歯の事でご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年6月20日

歯並びが悪いのは、審美的に良くないだけではなく、噛み合わせがずれることで体調まで悪くなることがあります。

そのため、少しでも気になったら、歯科医師に相談することをおすすめします。

しかし、歯科矯正は、歯科医師だけの力では完治するのが難しい治療と言えます。
なぜなら、歯科矯正は長い時間をかけて少しずつ改善させていくもので、実際に歯科医師が診ることができるのは、その間来院していただける数時間だけです。

つまり、治療の大部分である矯正装置による治療は、ほとんどの時間、患者様自身の管理に委ねられます。

特に、矯正装置を自分で脱着できるマウスピース矯正の場合は、意識して長時間矯正装置をつけておかなければ、治療はなかなか進みません。

また、ただ治療が進まないだけならまだしも、せっかく矯正できた歯列が、もとのように乱れてしまうことも少なくないのです。

この、「歯科矯正の後戻り」は、治療を長引かせる大きな要因になりますので、患者様も一緒になって治療していかなければいけません。

当院では、歯科矯正治療を行っております。
歯並びや噛み合わせでご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/

2018年6月13日

ホワイトニング治療は、健康な歯を削らずに歯を白くする方法で、黄ばんでいる歯も白く美しい歯にする事ができます。
しかし、ホワイトニングをしても、白くならない歯/白くなりにくい歯があるので、ご説明していきたいと思います。

<白くならない歯>
・ 人工の歯
虫歯の治療などで、被せ物や詰め物をしている部分は白くなりません。
前歯の治療でよくあるのが、小さな虫歯を歯科用レジン(プラスチック)で詰める治療です。
ホワイトニングをしても、歯科用レジンの部分の色は変わりません。
周りが白くなると、詰め物部分が目立ってしまう事があり、やり替えが必要になる事があります。

・ 神経が無い歯
虫歯の治療などで、歯の内部にある神経を除去してしまった歯は、ホワイトニングを行っても白くなりません。

<白くなりにくい歯>
・ テトラサイクリン歯
小さい頃に服用したテトラサイクリン系抗生物質の影響で、歯が、グレーがかった黄色に変色している場合、通常のホワイトニングではなかなか白くならない場合があります。
現在では使用が控えられていますが、40歳代前後の方では悩まれている方も多いです。

・ エナメル質形成不全の歯
何らかしらの原因で、歯の表面のエナメル質が未成熟の状態で生えてきてしまい、エナメル質形成不全になっている場合、思うようなホワイトニング結果がでない事があります。
症状の程度や歯の状態によって、ホワイトニング効果は異なるので、事前に確認が必要です。

・ 黄ばみが強い歯
加齢などで、歯の黄ばみが強い場合、1回のホワイトニングでは、思うように白くならない事があります。

ホワイトニング効果は個人差があります。
これらのように白くならない歯/白くなりにくい歯があった場合でも、他の治療方法と組み合わせる事で、満足できる見た目に改善できる場合もあります。

当院では、ホワイトニングなど審美歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-dc.net/whitening/

2018年6月 6日

小さい頃「しっかり噛んで食べなさい!」と言われた事のある方も多いでしょう。
なんとなく「しっかり噛んだ方が良いのだろうな...」とは思っていても、実際、よく噛む事にどのようなメリットがあるのか知らない人も多いのではないでしょうか。

今日は、「よく噛む事のメリット」についてお話したいと思います。

"よく噛む事"は、実はとてもメリットが多い行為です。
胃腸に優しいだけでなく、虫歯や歯周病・口臭の予防、それに美容効果もあるのです。

・ 胃腸の働きを高める
よく噛むと、消化酵素の分泌が促進され、胃腸の働きを高めます。
消化吸収がスムーズになる事で、食べ物の栄養素が効率よく体内に行き渡り、健康的です。

・ 虫歯、歯周病、口臭を予防する
よく噛む事で、唾液の分泌が促進され、唾液の「抗菌作用」や「自浄作用」が高まり、虫歯や歯周病、口臭の予防になります。

・ 肥満の防止
よく噛む事で、満腹感を得やすくなり、肥満の防止になります。
食べ過ぎを防ぎ、身体に優しく、ダイエットをする事ができます。

・ 脳の働きを活性化する
噛む事は、脳への刺激になります。
よく噛む事で、脳への血流が増加して、記憶力や判断力が向上したというデータもあります。高齢の方では、認知症の予防にも効果的です。

よく噛む事は、メリットがたくさんあります。
歯やお口の健康だけでなく、全身の健康や美容にもつながります。
今日からでも、"よく噛む事"を意識して食事をしてみましょう。

当院では、一般歯科治療を行っております。
お口の中の様々な悩みをご相談いただけます。
ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-dc.net/

« 2018年5月 | メイン | 2018年7月 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。