«  2018年1月 7日 - 2018年1月13日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年1月10日

親知らずが生えている人は、抜かなければいけない事を不安に感じている事も多いのではないでしょうか。
しかし実は、親知らずの生えている状況によっては、抜かなくて良い場合もあります。

親知らずは、第3大臼歯の事で、前から数えて8番目の歯です。
親知らずは、必ずしも全員にあるわけではありません。もともと無い人も居ます。
現代人の顎は、昔に比べて退化してしまっているので、親知らずが生えてくる十分な顎のスペースが無い事が多く、斜めや横向きに生えていたり、歯ぐきが半分被っているなどして、トラブルを起こしやすくなっています。

斜めや横向きに生えていたり、歯ぐきが半分被っているような場合には、周囲に汚れが溜まりやすく、腫れや痛み等のトラブルを起こしやすいので、抜歯をした方が良い場合が多いでしょう。

反対に、親知らずがきちんとまっすぐ生えていて、歯ぐきが被っておらず、反対の歯ともしっかり噛み合っている場合には、きちんと歯として機能しており、汚れも溜まりにくいので、抜く必要はありません。

しかし、親知らずがこのようにしっかり生えている人は、あまり多くは居ないようです。
親知らずがどのように生えているのか、また歯ぐきが被っていないか、というのは、自分ではよくわからないものです。

抜く、抜かないの前に、一度歯科医院でレントゲンを撮ってもらい、親知らずの状態を確認しておくのがおすすめです。
自分の親知らずの状態を知って、歯科医師と相談の上に、適切に対処するようにしましょう。

当院では、親知らずの抜歯等、一般歯科治療・外科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-implant.net/1550oral-surgery/


« 2017年12月31日 - 2018年1月 6日 | メイン | 2018年1月14日 - 2018年1月20日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。