«  2017年11月19日 - 2017年11月25日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年11月22日

妊娠中には、体に様々な変化が起こります。特にはじめて妊娠する方は、不安や分からない事がたくさんある事でしょう。
今日は、妊娠中の歯科治療について、控えた方が良い治療、行った方が良い治療について説明していきたいと思います。

妊娠中には、控えた方が良い事もありますが、歯科治療は、一部の治療を除いて、受診して問題ありません。
妊娠中は、体に様々な変化が起こるように、口の中にも変化が起こります。
虫歯や歯周病のリスクが高まりますので、今までお口や歯に異常が無かった方でも、歯科検診を受ける事をおすすめしています。

妊娠中であっても、通常の歯科治療を受ける事ができます。
歯科治療で使う麻酔は、局所麻酔(キシロカイン)で、胎児への影響はほとんど無く、使用量も悪影響を及ぼす量ではありませんので、麻酔を使った治療も可能です。
また、歯科治療で使われるレントゲンも、お口周囲に当て、お腹は防御エプロンで保護するので安心できますし、デジタルレントゲンであれば放射線量は10分の1なので、更に安心です。

ただし、妊娠中はできるだけ薬を服用しない方が良いので、投薬の必要があるような治療はなるべく避けた方が良いでしょう。
抜歯や外科治療は、緊急性があるものを除いては、出産後になります。

妊娠中は、日々体調も変化します。妊娠期の体の状態にも注意しましょう。妊娠初期は、つわりがひどく流産もしやすい時期なので、緊急の場合を除いては、長時間の治療や、緊張しやすい治療は避けた方が良いでしょう。
また、妊娠後期は、お腹も大きくなり治療の体勢が苦しい事があります。治療に最も適しているのは安定期である妊娠中期です。

当院では、妊娠中の方の一般歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-implant.net/

« 2017年11月12日 - 2017年11月18日 | メイン | 2017年11月26日 - 2017年12月 2日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。