«  2017年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年11月29日

虫歯のズキズキとした痛みは本当に辛いものです。虫歯が歯の神経にまで達すると、耐えられないような強い痛みになります。
では、痛んでいた歯の痛みが治まった場合は、もう放っておいても大丈夫なのでしょうか?

答えはNoです。

虫歯は、治療をせず自然と治る事はありません。
ましてや、痛みがでるほどの虫歯は、かなり進行している事が考えられますので、きちんと治療が必要です。

強く痛んでいた歯の痛みが治まった場合は、虫歯が進行して、歯の神経が死んでしまった可能性が高くなります。
歯の神経が虫歯に侵されてしまい、痛みを感じなくなっているだけで、実際には、虫歯はかなり進行した状態になります。
痛みが無いからといって放置しておくと、後になって更に強い痛みとなります。

痛みが無くなって、虫歯を放置しつづけると、次のような重い症状が起こる可能性があります。

(1)歯の根の先に膿が溜まる
神経の空洞の中で、虫歯菌が増殖し、歯の根の先に膿の袋を作った状態です。腫れや強い痛みを繰り返すようになります。場合によっては歯を残せない事もあります。

(2)上顎洞炎(じょうがくどうえん)
上の歯の奥歯は、副鼻腔という空洞近くに位置しています。副鼻腔の中でも上顎洞は、上の奥歯の歯の根ととても近い位置にあるため、根の先の膿が流れて、上顎洞に溜まると、上顎洞炎を起こす事があります。頭痛や目の下のあたりに強い痛みを感じ、顔が大きく腫れたようになってしまう事があります。

(3)骨髄炎(こつずいえん)
歯の根の細菌が、顎の骨にまで広がってしまい、顎の骨に感染を起こすと、骨髄炎になります。腫れ・寒気・発熱・嘔吐・倦怠感が起こり、口を開ける事すら難しくなる事があります。入院治療が必要になる事があります。

このように、虫歯は放置すると、ひどい状態になってしまう事があります。
"痛みが無くなる"というのは、虫歯が更に進行したという危険信号でもあります。
痛んでいた歯の痛みが治まっても必ず受診するようにしましょう。

当院では、虫歯治療など一般歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。 http://www.asai-implant.net/1525general/

2017年11月22日

妊娠中には、体に様々な変化が起こります。特にはじめて妊娠する方は、不安や分からない事がたくさんある事でしょう。
今日は、妊娠中の歯科治療について、控えた方が良い治療、行った方が良い治療について説明していきたいと思います。

妊娠中には、控えた方が良い事もありますが、歯科治療は、一部の治療を除いて、受診して問題ありません。
妊娠中は、体に様々な変化が起こるように、口の中にも変化が起こります。
虫歯や歯周病のリスクが高まりますので、今までお口や歯に異常が無かった方でも、歯科検診を受ける事をおすすめしています。

妊娠中であっても、通常の歯科治療を受ける事ができます。
歯科治療で使う麻酔は、局所麻酔(キシロカイン)で、胎児への影響はほとんど無く、使用量も悪影響を及ぼす量ではありませんので、麻酔を使った治療も可能です。
また、歯科治療で使われるレントゲンも、お口周囲に当て、お腹は防御エプロンで保護するので安心できますし、デジタルレントゲンであれば放射線量は10分の1なので、更に安心です。

ただし、妊娠中はできるだけ薬を服用しない方が良いので、投薬の必要があるような治療はなるべく避けた方が良いでしょう。
抜歯や外科治療は、緊急性があるものを除いては、出産後になります。

妊娠中は、日々体調も変化します。妊娠期の体の状態にも注意しましょう。妊娠初期は、つわりがひどく流産もしやすい時期なので、緊急の場合を除いては、長時間の治療や、緊張しやすい治療は避けた方が良いでしょう。
また、妊娠後期は、お腹も大きくなり治療の体勢が苦しい事があります。治療に最も適しているのは安定期である妊娠中期です。

当院では、妊娠中の方の一般歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-implant.net/

2017年11月15日

歯を美しく見せる方法のひとつに「ラミネートベニア」という治療方法があります。今日は、ラミネートベニアについて解説していきたいと思います。

ラミネートベニアとは、歯の表面のエナメル質を数ミリ削り、薄い"シェル"と呼ばれる付け爪のようなものを、歯の表面に貼付ける方法です。

他の審美歯科治療と同様、自費治療になります。
材質がセラミックでできているため、金属を使っておらず、歯にも優しく、審美的に美しいのが特徴です。
セラミックは、陶器のような材質になるので、透明感があり、自然の歯に近いような色合いと白さを作る事ができ、人工物だとわからないほど自然です。

ホワイトニングをしても思うような白さにならない方や、先天的に歯の色が変色しているテトラサイクリン歯やエナメル質形成不全の方に効果的な方法です。
被せ物と比較して、歯を削る量が少なくて済みます。
また、形や大きさを調整する事で、多少の歯の隙間や歯並びの悪さもカバーする事ができます。

ただし、噛み合わせが強い場合など、外れやすい事もあるので、自分の歯や歯並びに適しているか、きちんと診断してから、治療を決定します。

当院では、審美歯科治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-implant.net/1510whitening/

2017年11月 8日

「インビザライン」とは、「アライナー」と呼ばれる透明のマウスピースを使って、歯並びを整える矯正治療法です。

矯正治療というと、歯の表面に矯正装置を付け、ワイヤーを通して、歯を移動させる「ブラケット矯正」が一般的で、実績も多い確実な方法と言われています。
しかし、矯正装置が目立つ点や、装着時の不快感がある点から、矯正治療をためらう患者様が居るのも事実です。

インビザラインは、装置が透明なので、目立たないのが特徴で、誰にも気付かれずに、快適に歯並びを整える事ができます。

インビザラインがマウスピースの形をしているため、歯磨きや食事の際に取り外す事ができますので、清掃や食事がしやすくなります。

メリットの多いインビザラインですが、適応できる症例が限られているのがデメリットです。
・ 歯のがたつきが強い場合(抜歯をする必要があるような場合)
・ 上下の顎の位置に、前後・左右にズレがある場合
このような、歯の移動距離が多いような症例や、顎の位置のズレを改善する必要があるような症例には向いていません。適応できるかどうかは、きちんと診断をした上で、判断する必要があります。

インビザラインは、簡単に外す事ができるというメリットがある反面、外す時間が増えてしまうと、思わしくない治療結果になってしまう事があります。
1日20時間以上の装着が必要なので、歯磨きと食事の時以外は、基本的には装着したままになります。
外してしまう事が多いような方には向いていません。

当院では、矯正治療を行っております。
治療方法についてご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.asai-dc.net/invisalign/


2017年11月 1日

口臭が起こる原因のひとつに歯周病があります。
歯周病が進行すると、強い口臭が現れる事があります。歯周病が原因となる口臭は、臭いが強いのが特徴です。

歯周病になると、お口の中で歯周病菌が増殖します。歯周病菌自体が、臭いのもととなるメチルメルカプタンや硫化水素を産生し、口臭となります。

また、歯周病は進行すると、歯ぐきや歯槽骨など、歯の周囲の組織を破壊するようになります。次第に膿が出るようになるので、膿そのものが臭いを発し、口臭となります。

歯周病による口臭を改善するには、とにかく歯周病の治療が必要です。歯周病の治療は、歯科医院で行う処置だけでなく、自宅で行うケアも同じ位大切です。
できるだけ歯周病菌の少ないお口の中を作っていくのです。
デンタルフロスや歯間ブラシを使って、歯と歯の間部分の細菌をしっかりと除去していきましょう。1日2回〜3回の歯磨きでは磨き残しの無いように、順番をきめてくまなく磨いていきましょう。

歯周病は、強い口臭が特徴ですが、いくら強い臭いでも、自分自身では臭いに慣れてしまって、臭いに気がつかない事もあります。臭いを自己判断するのは難しく、かといって人から指摘されにくい問題なので、「口臭があるかどうか気になる!」という場合には、一度受診する事をおすすめします。

当院では、歯周病の治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

« 2017年10月 | メイン | 2017年12月 »

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。