«  2017年10月11日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年10月11日

歯を失ってしまった場合、両隣の歯が使える状態であれば、両隣の歯を土台として、ブリッジを入れて、歯を補う事ができます。

ブリッジは固定式になるので、自分の歯のように使う事ができ、装着時の不快感が少ないのがメリットです。一方、周囲に汚れが溜まりやすく、土台に負担もかかりやすいというデメリットもあるため、ブリッジを入れた場合には、丁寧な清掃を毎日心掛ける必要があります。
ケアを怠ると、土台となっている歯をだめにしてしまうなど、ブリッジの寿命が短くなってしまいます。

ブリッジのケアは、通常の歯ブラシに加えて、歯間ブラシを使う事が大切です。

ブリッジのダミーの歯の下部は、特に汚れが溜まりやすいので、歯間ブラシを必ず通すようにしましょう。その際は、必ず土台となる歯の根元に歯間ブラシを沿わせるようにして、土台の根元部分に汚れが残らないように注意しましょう。

歯間ブラシは、様々なサイズがあるので、自分に合ったサイズの歯間ブラシを選ぶ事も大切です。歯間ブラシを隙間に入れる時に、スカスカな状態で、簡単に入ってしまうような場合は、歯間ブラシが小さすぎます。
少し抵抗を感じる程度がちょうど良いはずです。

歯間ブラシは、使いこなすのが最初は難しいかもしれません。
挿入する角度など、コツがいる場合があるので、ブリッジを入れた後は、歯間ブラシの使用方法も、歯科医院で受けていただくと良いと思います。

当院では、ブリッジの治療、一般歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

« 2017年10月 4日 | メイン | 2017年10月18日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。