«  2017年10月 1日 - 2017年10月 7日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年10月 4日

歯を失ってしまった場合の、歯を補う治療法のひとつに「ブリッジ」を入れる治療があります。

ブリッジは、被せ物の一種で、歯を失ってしまった部分を補うために、失った歯の両隣の歯を削って、被せ物をするための土台とし、橋渡しをするように連結された人工の歯を入れる方法です。
失った歯の部分にも、両隣の歯と繋がった形でダミーの歯が入ります。

両隣の歯がある場合にのみ、可能な治療法なので、歯を失った本数が少ない場合に有効です。

ブリッジの利点と欠点をまとめると次のようになります。

<ブリッジの利点>
・ 装着時の違和感が少ない
・ 保険適用の場合は安価

固定式になるので、装着時の違和感が少ないです。取り外し式の入れ歯と違い、寝る時や清掃の際でも外す必要がありません。普通の歯と同じように使う事ができます。
ブリッジは保険が使えます。保険適用のブリッジであれば、比較的安価で作製する事ができます。

<ブリッジの欠点>
・ 土台となる歯を削らなくてはならない
・ 周囲に汚れが溜まりやすい
・ 支えとなる歯に負荷がかかりやすい
・ 保険適用のブリッジは、経年劣化しやすい
・ 装着後、一箇所でも外れたり、虫歯ができた場合には、全てやり直す必要がある

土台となる歯を削らなくてはいけない点、支えている歯に負荷がかかりやすい点を考えると、土台となる歯の寿命が結果的に短くなってしまう可能性が高くなります。
また、固定式なので、ダミーの歯の下などの汚れが溜まりやすいので、丁寧な清掃を習慣にする必要があります。
汚れがたまったままになると土台となっている歯が虫歯や歯周病になってしまう可能性があります、

比較的安価で作製できる保険のブリッジは、経年劣化しやすいというデメリットがあります。劣化しにくく、審美性の良いブリッジは、自費治療となります。

いかがでしたでしょうか。失った歯の部分を補う治療法として、効果的なブリッジ治療ですが、利点や欠点があります。毎日使う自分の歯ですので、長い目でみて、自分に合った方法で治療を進めていって欲しいと思います。

当院では、被せ物の治療など、虫歯治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。

あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

« 2017年9月24日 - 2017年9月30日 | メイン | 2017年10月 8日 - 2017年10月14日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。