«  2017年9月17日 - 2017年9月23日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年9月20日

子供の"指しゃぶり"、子供が1歳から2歳の小さなうちは、まだおっぱいを吸う本能の名残なので、普通にみられる習慣なので心配いりませんが、4歳頃になっても、指しゃぶりが続いていると、歯や口に悪影響を及ぼす事があります。

指しゃぶりをしていると、歯や顎に強い力がかかっています。親指で指しゃぶりをする子供が多いですが、例えば、親指で指しゃぶりをしている場合には、親指の腹で、歯と歯ぐきを外側に押す力が強くかかります。
毎日数回にわたって指しゃぶりをしているとなると、相当な力がかかっている事になります。

口や顔、顎の骨が大きく成長する5歳過ぎまで指しゃぶりを続けていると、歯並びが悪くなったり、顎に変形を起こす事になります。見た目だけの問題では無く、発音、咬む、飲み込む等の、お口の働きも正常に機能しなくなってしまう事が多いので、注意が必要です。

指しゃぶりが与える影響は、具体的には、次のようなものがあげられます。
・ 口を閉じた時に、上下の前歯に隙間が空き、噛み合わなくなる(開咬)
・ 出っ歯になる(上顎前突)
・ 上下の歯が横にずれる(交叉咬合)
・ 発音がしづらくなり、舌たらずな話し方になる(特にサ行タ行ラ行)
・ 口元が前に出て、唇がめくれたようになる
・ 前歯で物が咬めないため、くちゃくちゃを音を立てて食べるようになる
・ 口が閉じづらくなり口呼吸になる

このように、指しゃぶりは歯やお口に様々な悪影響を及ぼします。3歳過ぎても指しゃぶりの癖があるような場合には、子供と止める日を決めるなど、少しづつ言い聞かせていき、早めに止められるように促しましょう。
なかなか止める事ができない場合には、歯科医院にご相談ください。

当院では、小児歯科を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

« 2017年9月10日 - 2017年9月16日 | メイン | 2017年9月24日 - 2017年9月30日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。