«  2017年9月 6日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年9月 6日

歯に付く着色、茶色く汚れているようになり、見た目が気になりますよね。

「タバコを吸っていないのに、どうして着色が付くのだろう」と思う方も多いですが、着色汚れは、いわゆるタバコのヤニだけではありません。飲食物によっても着色が起こります。ですからタバコを吸っていなくても、誰でも着色は起こるのです。

歯に着色しやすいものには、次のものが例にあげられます。
・ コーヒー
・ 紅茶、緑茶、ウーロン茶などお茶類
・ 赤ワイン
・ ぶどうやブルーベリー
・ チョコレート
・ カレー
・ トマト
・ ミートソース など

日頃から、みなさんが食べるような食事でも着色が付く事がわかります。

着色汚れが付きやすいかどうかは、これらの着色しやすい飲食物を摂取する頻度と、歯の質、唾液の質が関係あります。

歯の質も肌の質と一緒で、人それぞれ違いますので、着色しやすいタイプの人と、そうでないタイプの人がいます。

歯の着色汚れは、歯科医院で除去する事ができます。タバコのヤニなどで強固な着色汚れは別ですが、普通程度の着色汚れであれば、歯石除去や歯の表面のクリーニングの際に、歯石や歯垢と同時にすぐに落とす事ができます。

着色汚れが取れるという歯磨き粉も市販されています。ただし、中には研磨剤が多く含まれているものもあり、そのような歯磨き粉をみやみに使うと、歯を傷つけたりする心配があります。
使用は自己責任になるので、歯磨き粉を使用する場合には、きちんと説明を読み、使用方法を守るようにしましょう。

一番良いのは、歯の定期検診と同時に、歯のクリーニングを行い、着色除去する事です。
歯を傷つける心配は無いですし、何より、虫歯や歯周病の早期発見、早期予防に定期検診はとても効果的です。
いくら歯の見た目だけが美しくても、虫歯や歯周病で、歯がボロボロになってしまっては意味がありません。
見た目も美しい、健康な歯を目指しましょう!

当院では、審美歯科を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

« 2017年8月30日 | メイン | 2017年9月13日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。