«  2017年8月13日 - 2017年8月19日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年8月16日

うっかり歯をぶつけてしまった時、またお子さんが歯をぶつけてしまった時、慌ててしまう方が多いと思います。

歯をぶつけてしまった時は、適切な対処をすれば、できるだけ良い状態で歯を残していく事が可能となります。

突然、歯をぶつけてしまうと、驚いて慌ててしまう事だと思いますが、歯をぶつけた時の対処法を知って、いざという時に正しい対処ができるようにしておくと良いと思います。

歯の外傷は、大人よりも子供に多いと言われています。乳歯の場合は、自分で歩けるようになる1歳から2歳頃。
永久歯の場合は、7歳から8歳頃に、スポーツをしている時や、喧嘩などが原因となる事が多いようです。
大人もうっかり転んでしまったりぶつけてしまう事はあり得るでしょう。
子供の場合には、自分で対処する事は難しいので、周りの大人が正しく対処してあげる事が大切です。

1. ぶつけて歯が脱臼してしまった
歯が歯槽骨から外れてしまっている状態を脱臼といいます。早めに受診をして、歯を固定すれば、元の状態に歯を戻せる事あります。歯が丸ごと抜けてしまう"完全脱臼"をしている場合には、抜けた歯を持参してすぐに受診をしましょう。
くれぐれも、抜けた歯をゴシゴシと洗わないでください。歯の根の表面には、まだ歯と歯槽骨を結びつける組織が残っています。なるべく触れないように、そっと牛乳か生理食塩水に浸して、すみやかに受診をするようにしてください。

2. ぶつけて歯がかけてしまった
ヒビや軽く欠けてしまった程度なら、様子を見ます。しみ止めの薬を塗って様子を見る場合もあります。大きく欠けてしまった場合には、神経に達していない状態であれば、破片をそのまま付けられる場合もあるので、破片を持って歯科医院を受診しましょう。

3. ぶつけて歯が折れてしまった
折れてしまった箇所によって、歯が残せるかどうかが変わります。縦に割れてしまっている場合は、保存が難しい場合が多いでしょう。折れてしまった歯が、取れてしまっている場合には、取れた歯を持って受診をしましょう。いずれにしても早めに受診する事が必要です。

当院では、歯の様々なトラブルに対応しております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

« 2017年8月 6日 - 2017年8月12日 | メイン | 2017年8月20日 - 2017年8月26日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。