«  2017年8月 9日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年8月 9日

歯並びや歯の形、歯の状態は、人それぞれ違うので、適した歯ブラシも人それぞれ違います。

正しい歯ブラシを選ぶ事は、歯磨きをする事と同じくらい大切です。いくら丁寧に歯磨きをしていても、合わない歯ブラシで磨いていたら、しっかりと汚れを取る事ができないので、意味がありません。
そればかりか、合わない歯ブラシを使いつづける事で、歯や歯ぐきにトラブルを起こしてしまう事もあります。

自分に合った歯ブラシを使うためには、一度歯科医院のブラッシング指導を受けていただく事をおすすめしますが、今日は歯ブラシの選び方の基本だけ、少し話したいと思います。

・ 歯ブラシのヘッドは小さめのもの

お口の中は、とても複雑で、特に奥歯の周囲にはあまりスペースがありません。歯にきちんと歯ブラシを当てるためには、歯ブラシのヘッド(頭の部分)は小さめのものが良いでしょう。市販されているものの中には、かなり大きいものもあります。男性女性関わらず指2本分よりも小さいものがおすすめです。

・ 歯ブラシの毛先がまっすぐのもの

歯ブラシの毛先が様々な形にカットされているものが市販されています。ギザギザの山切りカットや、毛先が細くなっているものがありますが、歯の面にしっかりと当てる事が難しく、磨き残しの原因になります。
毛先が細くなっているものは、歯周病対策として、歯周ポケット内の汚れをかき出すのには、効果的な場合がありますが、それ以外では向いていません。

・ 毛の硬さはふつうのもの

毛の硬さが硬すぎると、歯ぐきや歯の表面を傷めてしまう事があります。

・ 歯ブラシの持ち手はまっすぐのもの

シンプルなストレートのものの方が、ブラシのコントロールがしやすく、きちんと歯にブラシを当てる事ができます。

これらが、歯ブラシの選び方の基本となります。自分に合った歯ブラシと歯磨き方法は、基本とは異なる場合もあります。
歯周病が進行している場合など、病状によっても異なるので、詳しくはブラッシング指導を受けられる事をおすすめします。

当院では、ブラッシング指導等の予防歯科を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

« 2017年8月 2日 | メイン | 2017年8月16日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。