«  2018年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 知覚過敏の症状と対処法 | メイン | こんな方にインプラントはおすすめ »

2017年7月19日

虫歯が歯の神経にまで到達してしまっている場合や、痛みが強く治癒が難しい場合には、歯の神経を抜く治療を行う事があります。

歯の中には、歯髄(しずい)といわれる歯の神経が通っています。歯の中の空洞(歯髄腔)には、歯髄と血管が通っており、この中の神経を取る治療を、歯の神経を抜く治療、「抜髄(ばつずい)」になります。

神経を取ると、歯の能力は失われ、歯の寿命は短くなってしまいますので、出来る限り、歯の神経を抜かずに治療をするのが望ましいといえます。

歯の神経を抜く治療を行った後は、歯の根の中を数回に分けて消毒し、中に細菌が感染しないようにします。その後、根の中に最終的な薬を詰め、歯の土台を装着し、歯の被せ物を装着します。

神経を取る事で、歯は割れやすくなるので、基本的には全体に人工の被せ物を被せるようになります。

神経にまで虫歯が到達してしまい、痛みが強くなっても、歯の神経を取る治療をすれば、痛みは無くなり、歯自体は残す事ができます。

しかし、歯は脆くなり、寿命は短くなってしまいます。
痛みが出てから治療をすると、抜髄になってしまうケースが多いです。痛みが出る前に、虫歯に気がつき、早めに治療をする事ができれば、歯の神経を抜かなくて済む場合があります。
痛みが出ていないと、大きな穴ができない限り、自分では虫歯に気がつかない事もあります。定期検診をしっかりと受け、虫歯を早期発見できるようにしていきましょう!

当院では、虫歯治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/642

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。