«  2018年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 母子感染についてとは | メイン | 歯の神経を抜く治療とは »

2017年7月12日

冷たい飲み物や食べものを飲食した時に「キーン」と突然、歯が痛むような症状があった場合、それはもしかしたら"知覚過敏"かもしれません。

知覚過敏とは、歯の根が露出した時、象牙質に直接刺激が伝わり、歯の神経に刺激が伝わる事で起こります。また、歯の一番表層のエナメル質が、何らかの原因で摩耗し、象牙質が露出する事も起こります。

歯の根や象牙質が露出していても、必ずしも知覚過敏が起こるわけではありません。唾液の力によって象牙質の表面が硬く保護されている場合などは大丈夫です。

知覚過敏が軽度の場合は、自宅でのケアをして様子をみれば、しばらくすると症状が治まる事が多いでしょう。
やわらかめの歯ブラシで、歯の根の表面に付着したプラークを丁寧に優しく落としましょう。知覚過敏防止成分が含まれている歯磨き粉を補助的に使うのも良いでしょう。

なかなか症状が治まらないような場合には、歯科医院で処置を行います。
歯科医院では、歯の表面をコーティングするような薬やしみ止めの薬を塗布します。それでもなかなか治まらない場合には、露出している部分の歯の根や象牙質を人工物で埋める処置を行い、様子を見ます。

たいていの場合は、このような処置をする事で次第に改善していきますが、どうしても症状が辛く治まらない場合には、よくご相談の上で、歯の神経を取る治療をする事あります。しかし、歯の神経を取ると、歯が脆くなり、歯の寿命が縮まってしまう事が考えられます。できるだけ歯の神経を取らない方が良いので、これは最終手段になります。

突然、歯がしみると驚く方が多いと思いますが。知覚過敏は適切に処置をすれば、次第に治まってくる症状です。「知覚過敏では無く虫歯だった」という場合もあり、自己判断だけでは危険な事もあります。早めに受診をするようにしましょう。

当院では、知覚過敏の治療など一般歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/641

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。