«  2017年7月 5日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年7月 5日

赤ちゃんと虫歯の関係をお話する時に、しばしば「母子感染」という言葉が使われます。
「母子感染」というと、何か悪いものが感染してしまうようなイメージをする方が多いかもしれませんが、これは誰にでも起こりえる"親から子どもへ虫歯菌が感染する事"を指します。

"母子"という言葉が使われていますが、実際には父親や祖父母など、近くで生活をしている大人は当てはまる事です。

赤ちゃんは、生まれた時には、お口の中に虫歯菌が居ない状態です。生活していくにつれて、周りの大人から次第に虫歯菌がお口の中に感染していきます。

虫歯菌は、キスや食べ物の口移し、スプーンの共有などで感染していきます。できるだけ、感染を避けるように、口移しやスプーンの共有はしないようにしましょう。
しかし、虫歯菌の感染を恐れて、スキンシップを減らしたり、神経質になる必要はありません。ずっと全く虫歯菌に感染しない...という事はあり得ませんので、大切な事は2つ
・ 周りの大人は、虫歯菌が少ないお口の中にする
・ 仕上げ磨きを早めに習慣にし、虫歯菌が付着してもきちんと歯磨きができる環境にする
という事です。

大人のお口の中に、活発な虫歯菌が繁殖していない状態を作りましょう。治していない虫歯を治し、毎日の丁寧な歯磨きを心掛けましょう。
また、虫歯菌は、お口の中に居るだけでは、悪さをしません。歯に付着したままになっている事が問題です。仕上げ磨きをきちんと習慣にする事が大切です。歯が生え始める頃から、お口の周りを触るなど、遊びやスキンシップを通して、次第に、「人に口を触られる事」に慣れさせていくのがおすすめです。

当院では、小児歯科を行っております。お子さんの歯の事で、ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

« 2017年6月28日 | メイン | 2017年7月12日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。