«  2017年6月25日 - 2017年7月 1日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年6月28日

妊娠中は、身体に様々な変化が起きます。身体に変化が起きるのと同じように、お口の中にも様々な変化が起き、お口のトラブルを起こしやすい状態になってしまう事があります。

「妊娠すると歯がボロボロになる」
と言われる事がありますが、これは決して、お腹の赤ちゃんに栄養を取られているからではありません。妊娠中の身体の変化により、お口の中がトラブルを起こしやすい環境になってしまうためです。

妊娠中のお口の中の変化を理解し、正しく向き合う事で、お口のトラブルを最小限にし、出産後のお口の状態を良好に保つ事ができます。

妊娠中に起こりやすい歯ぐきのトラブルで代表的なものに
「妊娠性歯肉炎」があります。
妊娠性歯肉炎とは、妊娠中に増加する女性ホルモンの影響で、女性ホルモンを好む特有の歯周病菌が増殖し、歯ぐきに炎症を起こします。また、妊娠中は唾液の分泌量が低下し、お口の中の細菌が繁殖しやすい状態になるため、さらに細菌は繁殖しやすくなります。

つわりなどの影響により、歯磨きが辛い事もあるかもしれませんが、できる時には、できるだけ丁寧な歯磨きを心掛ける事が大切です。洗面台でちゃっと磨くのでは無く、椅子などに座り、歯ブラシやデンタルフロスなどを使って、ゆっくり丁寧に磨くのがおすすめです。

妊娠中の歯科検診も大切です。自治体によっては、妊婦歯科検診が無料でできますので、チェックしてみましょう。安定期になったら、定期検診を受け、できるようなら歯石除去やクリーニングを受けるようにしましょう。

妊娠性歯肉炎は、出産後に次第に治まってくる事が多いですが、そのままお口の中が不衛生な状態が続くなどすると、「歯周病」へと移行してしまう事もありますので、出産後、子育てで慌ただしくなる前に、一度歯科医院を受診してみましょう。

当院では、歯周病治療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
あさい歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.asai-implant.net/

« 2017年6月18日 - 2017年6月24日 | メイン | 2017年7月 2日 - 2017年7月 8日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。