«  2018年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« えっ!聞き間違い"ばついと"って何? | メイン | 歯間ブラシ・フロスをして出血してしまった時の原因とは? »

2017年4月 5日

歯間をきれいにすることが、歯の寿命を長くさせるための秘訣といえます。そんな歯間はブラッシングだけではなかなかきれいにすることが出来ません。そこで多くの方が使っているのが歯間ブラシではないでしょうか?でも歯間ブラシをするたびに出血があるなどのトラブルを抱えている方も多いものです。そこで上手に歯間ブラシを使う方法をご紹介していきたいと思います。

まず歯間ブラシを差し込む角度ですが、まっすぐにではなく歯の根元から上に向けて斜め60度くらいで差し込むようにしてください。こうすることで歯茎を傷つけることなく、歯間ブラシを差し込むことが出来ます。

一度通した歯間ブラシは、完全に抜かずに10~20回ほど前後に動かしていきましょう。この時の動作は丁寧にゆっくりと行うことで、歯茎への負担を減らすことが出来ます。動作を早くすればするほど歯垢を取り除けると思ってる方もいますが、速度と歯垢の除去率には関係がありませんので、ゆっくりと行ってみてください。きれいになったところで、歯間ブラシを取り出しましょう。

忙しい生活を送っていればどうしても急いで行ってしまいがちですが、焦らずゆっくりと行うことが歯茎への負担をかけずに上手に歯間ブラシを使うコツです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.asai-implant.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/625

あさい歯科クリニック 院長 浅井裕之 あさい歯科クリニック
http://www.asai-implant.net/

沼津市のインプラント・歯科・歯医者・歯周病なら「あさい歯科クリニック」にお任せください。当院は、どうしても必要なところだけ最小限のインプラント治療を行うことでお口全体の健康を守ります。